「学問のすゝめ」で語られた、福沢諭吉の意図は? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

「学問のすゝめ」で語られた、福沢諭吉の意図は?
ことば検定プラス 林修

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

ことば検定プラス

(これは2021年2月3日に出題されましたが、夏休み復習問題として正解率が低かった問題として2021年8月16日にも出題されました)

2月3日は、明治34年に福沢諭吉が亡くなった雪池忌(ゆきちき)です。
「雪池」は諭吉が使っていた雅号の1つです。

彼は、活字にする前の原稿をまずお手伝いさんに読ませて、内容がわかるかどうかを確認したんだそうです。
誰にでもわかる文章を心がけていたのですね。

そんな福沢諭吉の代表作が「学問のすゝめ」です。
「天は人の上に人を造らず 人の下に人を造らず」
この言葉を知らない人はいないでしょう。

そこで今回は、この「学問のすゝめ」で語られた福沢諭吉の意図は何かという問題です。

きょうの問題

「学問のすすめ」で語られた、福沢諭吉の意図は?

 

【選択枝】
 学ぶ権利が平等にある
 勉強しないと偉くなれない
 朝からチュンチュンうるさい

スポンサーリンク

きょうの答え

 勉強しないと偉くなれない

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「学問のすすめ」ではなく、「爆音のすずめ」だそうです。

スポンサーリンク

きょうの解説

【「学問のすすめ」福沢諭吉の意図は?】

 

福沢諭吉「学問のすゝめ」

 

天は人の上に人を造らず
人の下に人を造らず
この言葉はあまりにも有名ですが、実はこれはアメリカ独立宣言の一節「すべての人は平等に造られ、生まれつき一定の権利を与えられている」という部分の引用だと考えられています。

 

この文章は、これで終わりではないのです。

天は人の上に人を造らず
人の下に人を造らず と云へり
こんなふうに「と云へり」と続くのです。

「天は人の上に人を造らず 人の下に人を造らず っていいますよね」ということなのです。

学問を修めないと偉くも金持ちもなれない

そして諭吉は、しかしそれなら、「なぜ貧富の差があるのか」と問いて、こう続けます。

人は生まれながらにして
貴賤貧富の別なし。
唯学問を勤て物事をよく知る者は
貴人となり富人となり、
無学なる者は貧人となり下人となるなり。
福沢諭吉「学問のすゝめ 初編」(明治5年)
学問を修めないと、偉くも金持ちにもなれないというのですね。
ということで、今日の正解は「勉強しないと偉くなれない」です。
「学問のすゝめ」が書かれたのは、明治5年身分制度が改められ、社会の構造も変わりました。
そんな時代だからこそ、諭吉は「成功するには学問が必要だ」と提唱したのです。

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の出題(2021年8月16日)
本日の出題(2021年2月3日)

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事