【夏はミステリー小説が強い】BOOK文芸書ランキング
スポンサーリンク

【王様のブランチ】BOOK文芸書ランキング TOP10
-2021年8
月2日~8日-

毎週土曜の「王様のブランチ」で発表されている最新の本の売り上げランキングです。

今回は、二子玉川 蔦屋家電による【文芸書ランキング】として発表されたものです。
スポンサーリンク

BOOKランキング1~5位

第1位 「大丈夫じゃないのに大丈夫なふりをした」
クルベウ(著)藤田麗子(訳)
ダイヤモンド社

共感しかないと話題の韓国発のエッセイ。
あなたは、自分よりも他人を優先して疲れていませんか?
本作は、そんな人たちの心を楽にする32のエピソードを収録。

例えば、人間関係で問題発生。
頭のなかがネガティブ思考でいっぱい。
そんな時は、目の前の問題を解決しようと力まずに、いったん完全に離れて、しばらく休もう。
疲れた心にやさしく寄り添う一冊です。

 

 

第2位 「御社のチャラ男」
絲山秋子
講談社

約10年の会社員生活を経て、作家デビューした芥川賞作家絲山秋子さんの最新小説。

主人公は食品会社に勤める三芳44歳。
陰で、チャラ男と呼ばれている。
ノリが軽く、世当たり上手な半面、責任感がなく、仕事を部下に押し付けるような一面も。

そんな三芳の会社員人生を、彼を取り巻く12人の視点で描く。
「チャラ男は頭がいい。責任感はないが危機管理能力は高い。そして常に自分中心だ。」
自分の会社のあの人かもと、思わず顔が思い浮かぶような物語です。

 

第3位 「六人の嘘つきな大学生」

浅倉秋成

KADOKAWA

究極の心理戦を描いたミステリー。

 

 

第4位 「兇人邸の殺人」
今村昌弘
東京創元社

多くのミステリーランキングで1位を獲得した「屍人荘の殺人」から続く、人気シリーズ第3弾。

予測不能のラストが話題を集め、発売後即重版が決定。
シリーズ累計100万部を突破しています。

 

第5位 「これはただの夏」
燃え殻
新潮社

小説家でありテレビの美術製作会社に勤める燃え殻さんの最新作。

 

スポンサーリンク

BOOKランキング6~10位

第6位以下のランキングは以下の通りでした。

第6位 「芝木好子小説集 新しい日々」 芝木好子 書肆汽水域
第7位 「硝子の塔の殺人」 知念実季人 実業之日本社
第8位 「変な家」 雨穴 飛鳥新社
第9位 「もうあかんわ日記」 岸田奈美 ライツ社
第10位 「世界の紙を巡る旅」 浪江由唯 烽火書房

 

スポンサーリンク

第6~10位の中で注目の一冊

「硝子の塔の殺人」知念実季人

 

驚愕の声、続出のミステリーに注目。
舞台は、森の中に建てられた巨大な硝子の塔。

その塔の主でミステリーマニアの神津島は、ある重大発表をするため、医師や名探偵など、年齢や職業もバラバラな人たちを招く。
しかし、神津島はその内容を明かさぬまま、何者かに殺されてしまう。

いったい誰の仕業なのか?
神津島は、何を発表しようとしていたのか?
混乱する塔の中で、次なる惨劇が巻き起こる。

情報元

TBS「王様のブランチ」-2021年8月14日放送-
スポンサーリンク
おすすめの記事