「ホタテ」、名前の由来は? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

「ホタテ」、名前の由来は?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」


4月8日は貝の日です。
貝の字を上下に分けると、目と八とになって、目を横にすると四に似ていることから、4月8日に制定されました。

貝は縄文時代から大切な食料だっただけではなく、平安時代頃からかるた遊びの原型ともいわれる"貝合(かいあわせ)"に使われるなど、生活に欠かせないものでした。
いろいろな貝がありますが、夏にかけて、貝柱がどんどん大きくなって美味しくなるのが「ホタテ」です。

そこで今日は「ホタテ」とは何に由来する名前かという問題です。

(2021年4月8日に出題されたものですが、夏休みの復習問題として2021年8月13日にも出題されました)

きょうの問題

「ホタテ」、名前の由来は?

【選択枝】
 たてじま
 保存食
 船のように走る

スポンサーリンク

きょうの解答

 船のように走る

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
今日はボケなしです

スポンサーリンク

きょうの解説

【「ホタテ」名前の由来は?】

ホタテは船のように帆を立てる

今日の緑の選択肢は、そもそもホタテが海の上を走るのかという問題がありますよね。

船のように走るとは、帆を立てて走ることですから、「帆を立てて」→「帆立て」→「ホタテ」と、またいつもの面白くないボケだと思った方、今日は面白くなくていいんです。
なぜなら、今日はこれが正解です。
もちろん、ホタテが船のように走るわけではありません。
しかしかつては、そう信じられていたんですね。
江戸時代の百科事典「和漢三才図会」には、こうあります。

開口一殻如舟
一殻如帆乗風走
故名帆立蛤和漢三才図会」より

(意味)
口を開き一の殻は舟の如く
一の殻は帆の如くにし風に乗りて走る
故に帆立蛤と名付く
とあります。

実際のホタテは海水を吐き出して動く

殻の一つを船にし、もう一つを帆にして、風に乗って走るとは、なかなかの想像力ですよね。
では実際のホタテはどんなふうに動くんでしょうか?
あらかじめ海水を吸い込んでおいて、それを貝殻の間から吐き出した勢いで、飛ぶように驚くほど素早く動きます。

前回の「ことば検定プラス」

本日の出題(2021年8月13日)

「お天気検定」
□ 大雨情報のためお休み

 

本日の出題(2021年4月8日)

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事