「ききょう」名前の由来は?【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

「ききょう」名前の由来は?
ことば検定プラス -林修-

 

「グッド!モーニング」の林修の「ことば検定プラス」の出題と答えをご紹介しています。
「ことば検定プラス」に参加してポイントを貯めてプレゼントに応募しましょう。

 

スポンサーリンク

林修の「ことば検定プラス」


今日は6月24日、この時期、美しい花を咲かせているのが「ききょう」です。

「ききょう」は秋の七草の一つですが、実際には6月から9月頃まで咲いています。
元々、日本に自生していました。
しかし最近は、自然のものが減り、絶滅危惧種に指定されています。

花は綺麗な星形ですが、蕾も美しく、紙風船のように丸く膨らみます。
そこで、英語では「バルーンフラワー」呼ばれているそうです。
では、日本語の「ききょう」という名前には、どういう由来があるんでしょうか?
今日はそれが問題です。
今日のことば検定プラス

「ききょう」名前の由来は?

 

【選択枝】
 花の色
 根がかたいこと
 これから小テストを

スポンサーリンク

「ことば検定プラス」答え

 根がかたいこと

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「ききょう」ではなく、「き、今日」だそうです。

スポンサーリンク

「ことば検定プラス」林修の解説

【「ききょう」名前の由来は?】

「ききょう」の古い名前は「きちこう」


まず、この歌を紹介します。
これは、平安前期の紀友則の歌です。

秋近う 野はなりにけり
白露の置ける草葉も 色変わり行く
-紀友則(平安前期)-
秋の訪れを詠んだものですが、実はこの歌に「ききょう」が隠されているんです。

「秋近う(あきちこう)」の"きちこう"が、「ききょう」の古い名前で、掛け言葉となっているのです。
そして、その"きちこう"は中国の名前に由来します。
「ききょう」は漢字だと、「桔梗」と
書きますよね。

これを、そのまま音読みにしたのが"きちこう"です。

 

桔梗の根が硬いことに由来

そして、この漢字の意味のヒントは、「ききょう」の根にあります。
結構、ゴツゴツしています。

まず、
「桔梗」の「梗」の字は、は木へんを石へんに変えると"硬い"です。
そして、「桔」には"結ぶ"という意味があります。
つまり、"根が結ばれて硬い"ことから、この名前がついたようなんです。
ということで正解は、「根がかたいこと」です。
実は、漢方では「ききょう」の根を乾燥させたものを生薬としていて、乾燥させると相当硬くなったんでしょうね。

 

「ことば検定プラス」前回の出題

 

過去出題された「ことば検定プラス」一覧はこちらから

本日の出題

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事