【1位「竜とそばかすの姫」2位「東京リベンジャーズ」】-映画興行ランキング
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【王様のブランチ】全国映画興行ランキングTOP10

映画の動員ランキングしたものが、土曜の情報番組「王様のブランチ」で発表されます。
今回は、2021年7月24日に放送された「Movie RANKING TOP10」をご紹介します。

-興行通信社調べ-

 

スポンサーリンク

全国映画興行ランキング 10位~4位

 

第10位

「SEOBOK/ソボク」 

世界初のクローン人間ソボク。
不死身の彼を巡る争いと余命わずかなエージェントとの絆を描く韓国初のSFサスペンス。

 

第9位

「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」 

興行収入は12億円を突破しました。

 

第8位

「るろうに剣心 最終章 The Beginning」 

前作から7年、「るろうに剣心」シリーズの最後を飾る今作。
累計興行収入は65億円穂を突破しました。

 

第7位

「キャラクター」 

殺人鬼・両角の部屋に飾られた独特のタッチの巨大な油絵。
これは、両角を演じるFukaseさんが役作りの一環として素手で描いたもの。
その制作中、Fukaseさんが着ていた自前のジャージにインスピレーションを受けた永井聡監督は、両角の衣装も近いものにしたそうです。

 

第6位

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」 

7月22日に終演を迎えた今作。
興行収入は、102億円を突破。
SNS上では「ロボットアニメなのにスゴイ」、「少年が神話になった瞬間に立ち会えた」と祝福の声が相次ぎました。

 

第5位

「ブラック・ウィドウ」

孤独な暗殺者ブラック・ウィドウの知られざる過去が描かれる今作。
ブラック・ウィドウの幼少期を演じるエヴァー・アンダーソンは、ハリウッド女優ミラ・ジョヴォヴィッチの長女。
大女優の魂を受け継いだエヴァーが放つ存在感にも注目です。

第4位

「ハニーレモンソーダ」
7月27日にツイート応援上映の全国同時開催。
上映中に感想をツイートし、日本中の観客と一緒にリアルタイムで盛り上がる企画でした。
スポンサーリンク

全国映画興行ランキング TOP3

第3位

「ゴジラVSコング」

この2大怪獣との戦いに、なんと第3の怪獣が参戦。
いつたい何者がこの死闘に割って入れるというのか?

それは・・・メカゴジラ!
実は、アダム・ウィンガード監督は、初代メカゴジラの大ファン。
メカゴジラの参戦が、今作の監督オファーを受ける決め手となったとのこと。
はたしてメカゴジラは、この世紀の一戦にどう加わるのか?

第2位

「東京リベンジャーズ

原作マンガファンからも、キャラクターの再現度がヤバいと絶賛されている今作。
特に、似過ぎで話題となっているのが、山田裕貴さんが演じたドラケン。
山田さん自身も原作ファン。
なかでも、ドラケンのファンだったそうで、役作りに気合いを入れ、ドラケンの髪形を再現。
さらに、高身長のドラケンを再現するために、靴に15センチのインソールを挿入。
ハイヒールのような不安定な状態で、ハードアクションに挑みました。

 

第1位

「竜とそばかすの姫」
インターネット上の仮想世界<U>で、歌姫ベルとして世界中の人気者となる女子高生すず。
ある日すずは、謎の存在「竜」と出会う。
「竜」は、<U>の秩序を乱す危険な存在。
だが、すずは「竜」の心の傷に気付き、彼に近づいていくが・・・。
やがて世界で「竜」を排除しようと正体探しが巻き起こる。
「竜」を守りたい。
たった一人の声は彼のもとに届くのか?

 

情報元

TBS「王様のブランチ」-2021年7月24日放送-
スポンサーリンク
おすすめの記事