夏の季語は? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

夏の季語は?
ことば検定プラス 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定プラス」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定プラス」

今日は7月15日、7月も半分過ぎました。
学校はもうすぐ夏休みですね。

二十四節気では、1年で最も暑いとされる大暑は、1週間後の22日。
さらに、来月7日は立秋、もう秋の始まりなのです。
ですから、暦の上では夏はあと3週間あまりで終わりなのです。
と言われても、なんだかピンときませんよね。

そこで今日は、この中で夏の季語はどれかというのが問題です。

 

きょうの問題

夏の季語は?

   -天の川
   -蜃気楼
   -夕焼け

 

「ことば検定プラス」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -夕焼け

 

【本日の  のボケは?】

今日はボケはありません

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【夏の季語は?】

今日は、緑の選択肢のボケはありません。

 

「天の川」は秋の季語

「天の川」は、いかにも夏の季語っぽいですよね。

7月7日の七夕には、この天の川にかささぎの橋がかかって、織姫と彦星が1年に一度の逢瀬を楽しむとされています。
しかしこれは、本来は旧暦の7月7日で、今年だと8月14日です。
8月7日が立秋ですから、14日は暦の上では秋、つまり「天の川」は秋の季語です。

「蜃気楼」は春の季語

次に「蜃気楼」

これも夏っぽいですよね。
日本では、富山湾が有名です。
「蜃気楼」が、最もよく見られるのは春だそうで、これは、春の季語です。

「夕焼け」は夏の季語

最後に、「夕焼け」

枕草子に「秋は夕暮れ」とありますし、秋のイメージがあるかもしれません。
しかし、「夕焼け」は、空気中に水蒸気の量が多いとより美しくなる現象だそうで、水蒸気が多い季節といえば、これが夏の季語です。
ですから、俳句では単に「夕焼け」と言えば、夏のことです。
それ以外の季節では、「春夕焼」のように「秋夕焼」「冬夕焼」と、季節の言葉をつけて表すようです。

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
世界初として専門誌で発表されたイルカの水中行動は? 
「みんなのエンタメ検定」
デヴィ夫人 悪人を何に変えたい?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定プラス」

スポンサーリンク
おすすめの記事