「チューリップ」、名前の由来は? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

「チューリップ」、名前の由来は?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えをご紹介しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

今回は2019年4月3日に出題された復習問題です。

すっかり春めいてきました。
この季節は、多くの花々が私たちを楽しませてくれますが、中でもチューリップが、今まさに見頃を迎えています。
世界中で愛されるチューリップは、その品種が今や5000種以上登録されているそうです。
色とりどりで、本当に綺麗ですよね。
そこで、今日のことば検定は「チューリップ」という言葉が何に由来す
るかという問題です。
 
ことば検定プラス 今日の問題

「チューリップ」、名前の由来は?

 

【選択枝】
 ターバン
 唇
 1泊100万円のスイートルーム

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 ターバン

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「チューリップ」ではなく、「超VIP」だそうです。

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【「チューリップ」名前の由来は?】


オランダはチューリップの球根生産世界一

チューリップといえば、オランダというイメージがあるかもしれません。
実際、オランダはチューリップの球根の生産世界一ですし、1630年代には球根が投資の対象となり、チューリップバブルが起きたことでも知られています。

球根1個で、家が買えたというから驚きです。

 

チューリップの名前はトルコ語に由来


しかし、チューリップの原産は中央アジアで、その
名前もトルコ語に由来します。

ある時、トルコに駐在していたオーストリア大使が、美しい花を見て、その花の名前を聞きました。
ところが聞かれたトルコ人が、その花の形について「チュルバンドに似ている」と答えたというのです。
大使は、花の名前が「チュルバンド」だと勘違いしたのです。
この「チュルバンド」の意味が、今日の正解で、青の選択肢「ターバン」です。
「チュルバンド」が、後にチューリップとなったわけですが、実は、トルコでは本当は「ラーレ」と呼ばれていたそうです。
大使が勘違いさえしなければ、"♪さいた~さいた~ラーレの花が"となっていたかも知れないですね。

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の出題

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事