林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

6月28日「パフェの日」、その由来は?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

今週は、過去正解率が低かった問題からの出題です。

今日は、2018年6月28日に出題されたものです。

6月28日は「パフェの日」です。
パフェという名前は外来語ですが、背の高いグラスにアイスクリーム、生クリーム、フルーツなどが層になっているあの盛り付けは日本独自のものなんだそうです。
そこで今回は、6月28日が「パフェの日」に制定された由来は何?というものです。

ことば検定プラス 今日の問題

6月28日は「パフェの日」、その由来は?

 

【選択枝】
 6層28種の食材が入っているから
 パフェが考案された日だから
 完全試合

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 完全試合

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
今日はボケはありません

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【6月28日は「パフェの日」、その由来は?】

パフェの由来は完全試合

今回の緑の選択肢「完全試合」はパーフェクトゲームといいますから、パーフェクトでパフェというつまらないボケではないのです。

実は、昭和25(1950)年の6月28日、巨人の藤本英雄投手が、西日本パイレーツというチームを相手にプロ野球界初の完全試合を達成したのです。

パーフェクトゲームから「パフェの日」になったのですが、もちろんこれは単なる洒落ではないのです。

パフェの日はパフェの愛好家の提案で制定

パフェは、英語では"parfait(パフェ)"と書きます。
しかし、この名前は元々はフランス語で、"parfait(パルフェ):完全な"という意味があるのです。
パルフェは、アイスクリームのような冷たいスイーツの名前です。
冷たいスイーツは、17世紀頃にはすでにあったようですが、19世紀の宮廷料理人が、新たに生クリームやフルーツで効果に盛り付けたものを考案しました。

それが"完全なデザート"だと、"パルフェ"と名付けられたと
考えられています。
「パフェの日」は、パフェの愛好家の提案で制定されたようですが、その方は語源をご存知だったんですね。
語源に着目した記念日というのは珍しいので、今回はそれを問題にしてみました。

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事