【1位は村上春樹さんの新作短編集】文芸書ランキングTOP10 [7月13日~19日]
スポンサーリンク
スポンサーリンク

BOOKランキング TOP10 -2020年7月13日~19日-

最新の本の売り上げランキングが、毎土曜の「王様のブランチ」で発表されています。

【今回のBOOK RANKINGについて】
三省堂書店池袋本店による【文芸書ランキング】として発表されたものです。

 

BOOKランキング1~5位

 

第1位 村上春樹最新作
「一人称単数」
村上春樹
文藝春秋

6年ぶりの短編小説集となる今作。

普段着ないおしゃれなスーツを身にまとい、バーに出かけた男性。
すると、知らない中年女性に、突然声をかけられる。

「ちょっとうかがってもよろしいでしょうか?」

「いいですよ」

しかしこの後、思いもよらない展開に!!

村上さんの世界観を堪能できる全8話が収録されています。

 

第2位 今年の本屋大賞受賞作
「流浪の月」
凪良ゆう
東京創元社

 

 

第3位 石田ゆり子のクローゼットを開けてみた
「LILY'S CLOSET」
石田ゆり子
マガジンハウス

先週注目の一冊として紹介されました。

 

第4位 「しゃばけ」シリーズ最新作
「いちねんかん」
畠中 恵
新潮社

累計866万冊を誇る「しゃばけ」シリーズ。
江戸の町を舞台に、問屋の跡取り息子・若旦那とゆかいな妖怪たちが難事件・珍事件に立ち向かうファンタジー時代小説第19弾です。

 

第5位 シリーズ累計400万部突破!
「夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神」
水野敬也
文響社

ゾウの姿をした関西弁をしゃべる神様ガネーシャが、悩める人を奇想天外な「教え」を導き、人生を変えるきっかけを与える。
自己啓発とエンタメが融合した人気小説第4弾。

今作の主人公は、家族を愛する平凡な会社員の男。
しかし突然余命3か月と宣告されてしまった彼のもとに、ガネーシャが現れる。
「自分、今の生き方やったら、死ぬときめっちゃ後悔するで」

ガネーシャの数々の導きで、途方に暮れる主人公が変わり始める。
しかし物語は予想外の結末へ。

シリーズ史上、最も笑って泣けてタメになると話題の一冊。

BOOKランキング6~10位

第6位以下のランキングは以下の通りでした。

第6位 チンギス紀八 今日杳冥 北方謙三 集英社
第7位 少年と犬 馳星周 文藝春秋
第8位 世界はもっと!ほしいモノにあふれているからバイヤーが教える極上の旅 KADOKAWA
第9位 猫を棄てる 父親について語るとき 村上春樹 文藝春秋
第10位 欲が出ました ヨシタケシンスケ 新潮社

 

6~10位の中で注目の一冊

欲が出ました/ヨシタケシンスケ

著者のヨシタケシンスケさんは「りんごかもしれない」で、MOE絵本屋さん大賞で1位を獲得。
子どもたちから圧倒的支持を得る絵本作家です。

そんなヨシタケさんが、日常の中で感じた人間の"欲"についてまとめたエッセイ。
ほっこりしつつも、本質を突いたヨシタケさんらしい視線で綴られています。

例えば、ジュースをせがむ子供のひとこと。

「お店に行ったらどっかの子がお母さんに、ジュースを頼みたいんだと一生懸命せがんでいる」
お母さんが「さっき飲んだでしょ、そんな飲んだらおなか破けちゃうよ」と怒ったら、

「おなかがバカーッてなってしんでもいいからバナナジュースのみたいの!」

わかるなぁって。
この「今さえよければ」感。
面白い。

 

情報元

TBS「王様のブランチ」-2020年7月25日放送-

 

スポンサーリンク
おすすめの記事