上野に設置された日本初の自動販売機のサービスは? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

上野に設置された、日本初の自動販売機のサービスは?
ことば検定プラス -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

「ことば検定プラス」

(これは2021年1月26日に出題されましたが、2021年8月19日夏休み復習問題としてこの1年間特に正解率が低かった問題としても出題されました)

1月26日は、大正13(1924)年に上野公園が国から当時の東京市のものになった日です。

上野公園は徳川将軍家の菩提寺"寛永寺"の土地でしたが、戊辰戦争で焼け野原となってしまいました。
その後、明治6年に公園に指定されました。

実は、上野公園は日本で初めて指定された公園の一つなのです。

ちなみに上野動物園も日本初の動物園ですし、他にも日本初の自動販売機も上野公園の中に置かれたあるサービスを販売するものでした。

ことば検定プラス 今日の問題

上野に設置された、日本初の自動販売機のサービスは?

 

【選択枝】
 占い
 体重測定
 移すのはちょっと待て

スポンサーリンク

きょうの解答

 体重測定

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「自動販売機(じどうはんばいき)」ではなく、「移送班待機(いそうはんたいき)」だそうです。

スポンサーリンク

きょうの解説

【上野での日本初の自動販売機サービスは?】


日本初の自動販売機が置かれた上野公園

上野公園に日本初の自動販売機が置かれたのは、文明開化に沸く明治9(1876)年でした。

当時の新聞記事には、
このほど、上野公園地のうち大仏の下にて、
不忍池を一目に見下ろす景のよいところへ
勝覧所というができ、
新聞縦覧が三銭、〇〇〇〇が一人前二銭
と書かれています。
三銭払えば新聞が読み放題で、自動販売機のサービスは1人二銭だったようです。
巡査の初任給が4円程度の時代ですから、二銭は今の価値にすると1000円ぐらいでしょうか?

日本初の自動販売サービスは体重測定


それでは、そのサービス〇〇〇〇とは何でしょうか?

体の量目をはかる器械を借てためす

 

実は当時、お金を入れれば自動で体重がわかる西洋製の自動体重測定器があったようなんです。
これが日本初の自動販売機なのです。
自動体重測定器は当時ヨーロッパで広まっていたようで、まさに文明開化を感じさせてくれるものだったかもしれないですね。

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の出題(2021年8月19日)

「みんなのエンタメ検定」
白バイ 100年前は何色だった?

本日の出題(2021年1月26日)

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事