林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

「金融」を意味する、「ファイナンス」の由来は?
「グッド!モーニング」 ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

今日は2020年9月25日に出題された復習問題です。

9月25日は昭和11(1936)年に全国地方銀行協会が設立された日です。
戦時中に一時解散しましたが、昭和25(1950)年に再発足し、64の地方銀行が会員です。

日本の銀行の多くは、江戸時代の両替商が発展したものです。
「銀行」という名前は、"行"が中国語で"店"を表す言葉から、「金銀を扱う店」という意味からつけられたという説が有力です。

そして金融や財務の意味で、最近は「ファイナンス」を使います。

ことば検定プラス 今日の問題

「金融」を意味する「ファイナンス」の由来は?

【選択枝】
 見つける
 終わる
 憧れの芸能人に一言

スポンサーリンク

本日の解答は

 終わる

 

「ことば検定プラス」出題から解答まで
リアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、ぜひ当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。


【今日ののボケは?】
「ファイナンス」ではなく、「ファンなんす」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【金融を意味するファイナンスの由来は?】

ファイナンスは公的な財政財務という意味

 

「ファイナンス」は英語(finance)では、公的な財政、財務という意味の言葉で、18世紀後半にフランス語から入ってきました。
選択肢の"見つける"は、英語だと(find)で、「ファイナンス」と最初の音は同じです。
しかし、"find"は「探して見つける、調べて発見する」などの意味で使われ、お金とは関係のない言葉です。

 

ファイナンスの語源は中世仏語finer

一方、"終わる"は"finish"、これも"fin"で始まります。
「終わる」と「お金」とは、一見関係なさそうですが、実は「ファイナンス」の語源は、中世フランス語の"finer(フィネール)"だとされ、この言葉の意味は、"終わる、支払う"なのです。

物事をし終えるということから、"取引を終わらせる、金を支払い終える"などへと意味が広がり、金融や財政を表す「ファイナンス」という言葉が出来たと見られています。

物語の終わりを表す"finale(フィナーレ)"は、フランス映画の終わりに出る"fin(フィン)"と同じ語源の言葉です。

 

前回の「ことば検定プラス」

2020年12月23日復習問題として出題

2020年9月25日出題

 

本日の「お天気検定」と「ニュース検定」

 

スポンサーリンク
おすすめの記事