あけまして・・・、「明ける」の正しい意味は? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

あけまして…、「明ける」の正しい意味は?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

きょうは12月13日、明後日15日から年賀状の受付が始まります。
「あけましておめでとうございます」
これは年賀状に限らず、正月のお決まりの挨拶です。

この「あけまして」の「明ける」の正しい意味についての問題です。

きょうの問題

あけまして…、「明ける」の正しい意味は?

   -始まる
   -終わる
   -青汁の原料といえば

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -終わる

 

【本日の  のボケは?】

「明ける」ではなく「あ、ケール」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【あけまして…、「明ける」の正しい意味は?】

「明ける」というのは「終わる」こと

「明ける」という動詞ですが、よく使うのは「夜が明ける」の「夜明け」ではないでしょうか?
「夜が明ける」とは、「夜が終わる」ということです。

他には「梅雨が明ける」というのもあり、これは「梅雨が終わる」ということです。
「明ける」というのは「終わる」ことなんです。

「新年明けまして」は間違い

年賀状のあいさつで「新年明けまして」というと、それだと新年始まってすぐ終わったということになります。
この「明ける」には、"日や年があらたまる 終わる"という意味があります。
つまり、「あけましておめでとうございます」とは、"古い年が終わってあらたまったことに対して、おめでとうございます"という気持ちを込めて使う挨拶です。
ですから「新年あけましてあめでとうございます」というのは間違いです。
それでも最近は、一部の辞書にも「新年あけまして」と載るようになってしまいましたが、元々の意味を考えると、やはり「終わる」ですから、「新年あけまして」という言い方はしない方が無難だと思います。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
イチゴの新品種「あまりん」名付けたのは?
「みんなのエンタメ検定」
かまいたち 濱家隆一 人生初挑戦で成功したのは? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事