「でかした」正しい漢字は? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

「でかした」正しい漢字は?
ことば検定プラス 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定プラス」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定プラス」

きょうは、2019年9月2日に出題された復習問題です。

9月2日は、1954(昭和29)年に数学者の小平邦彦博士が、日本人で初めて数学のノーベル賞とも言われるフィールズ賞を受賞した日です。

1936年に創設されたフィールズ賞は、4年に一度、40歳以下の若手数学者に贈られます。
日本人では小平さんの他に、広中平祐さん、森重文さんが受賞しています。
小平博士は、34歳の時に、世界で最も優れた研究所の一つとされる、アメリカのプリンストン高等研究所に招かれたといいますから、相当な頭脳の持ち主ですよね。
そして、日本人初のフィールズ賞受賞は、思わず「でかした」と言いたくなる快挙です。
そこで、今日は今出てきた「でかした」の正しい漢字はどれかという問題です。

 

きょうの問題

「でかした」正しい漢字は?

   -出来した
   -出稼した
   -借りたい、うるさい

 

「ことば検定プラス」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -出来した

 

【本日の  のボケは?】

「でかした」ではなく「で、貸した」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【「でかした」正しい漢字は?】

「でかした」元々は「でかす」という言葉

「でかした」は、元々は「でかす」という言葉です。

この言葉の頭に、"為"を加えて「為でかした」になると、これで「しでかした」「しでかす」となって、今はあまりいい意味では使いませんよね。
一方、「でかす」だけでも、広辞苑に載っています。
ただし、「しとげる。はたす。うまくやる」といった意味は、2番目です。

「でかす」の本来の意味

 

では、1番目の意味は何でしょうか?

「出てこさせる。また出来るようにする。こしらえる」とあります。
「こしらえる」とは、"なかった何かを目の前に出てこさせること"ですよね。

それが「でかす」の本来の意味です。

となれば、今日の正解は「出来した」です。

「でかす」-広辞苑から-

 

出てこさせる。また出来るようにする、こしらえる。

②しとげる。はたす。うまくやる。


「でかす」は、"何かを出てこさせる"というところから、"何事かを成し遂げる"、"うまくやる"と意味が広がったとみられています。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
過去、全国で猛暑日の最も遅い記録は? 
「みんなのエンタメ検定」
「科捜研の女」榊マリコ 着たことがない衣装は? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定プラス」

スポンサーリンク
おすすめの記事