大寒に「はなさく」とされるのは? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

大寒に「はなさく」とされるのは?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

昨日1月20日は「大寒」でした。

この「大寒」など、季節を表す言葉を「二十四節気」といいます。
元々は、古代中国の暦で1年を24に分けたものです。
だから「大寒」とは、昨日1月20日のことだけではなく、「立春」の前日2月3日までの期間のことでもあります。
さらにこの「二十四節気」を三つに分けたものを「七十二候」と言います。
ということは、一つの「候」はだいたい5日間ぐらいということになります。
昨日20日から24日までは「大寒」の初候で、「款冬華」と書いて「〇〇のはなさく」と読みます。
この時期、ある植物のツボミが顔を出すという意味ですが、では「何のはなさく」と言うのでしょうか?
きょうの問題

大寒に「はなさく」とされるのは?

   -もも
   -さざんか
   -ふき

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -ふき

 

【本日の  のボケは?】

今日は、ボケはありません

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【大寒に「はなさく」とされるのは?】

「七十二候」にもも、さざんかも登場

「もも」「さざんか」も、「七十二候」に登場します。
「もも」は、3月の啓蟄のころ、3月10日から14日の5日間が、「桃初笑(ももはじめてさく)」という時候です。

また「さざんか」は、立冬のころ11月7日~11日の「山茶始開(つばきはじめてひらく)」という時候です。

 

「大寒」時期は「ふきのはなさく」

「ふき」ですが、ふきのとうを天ぷらにして食べたことがある人もいると思います。
ふきのとうは、花茎(かけい)といって花をつける茎のことで、ふきのとうが育つとその先に「ふき」の花をつけます。
ただし、ふきのとうは、地表に顔を出してすぐ、まだ小さいうちが美味しいです。
大きく育ったものは、食べごろを過ぎてしまいます。
年頃や時期を過ぎることを「とうが立つ」というのは、実はここから来ています。
私たちが食べる「ふき」は、ふきのとうの花が落ちた後、地下で繋がった別の場所から大きな葉が出てきて、この部分が私たちが食べる「ふき」です。
そして、ふきのとうが顔を出す時期は、寒い時期に雪の下からでも顔を出します。
昔は、ふきのとう全体が花に見えたのかもしれません。
ですから、「大寒」の今の時期は「款冬華(ふきのはなさく)」とも言うのです。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
β-カロテンの吸収率を最も上がる菜の花の食べ方は?
「みんなのエンタメ検定」
赤い子犬クリフォードが一晩で大きくなった原因は?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事