おとめの「おと」と、語源が同じ言葉は? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

おとめの「おと」と、語源が同じ言葉は?
ことば検定プラス 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定プラス」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定プラス」


きょう
9月2日は、林修先生の誕生日で56歳になったそうです

50歳の時に、ことば検定のコーナーが始まり、6年早かったと回想されました。

そんな林修先生の星座はおとめ座。
そんなわけで、きょうは「おとめ」の「おと」と語源が同じ言葉はどれかという問題です。
きょうの問題

おとめの「おと」と、語源が同じ言葉は?

   -おとなしいの「おと」
   -おとこの「おと」
   -玄関にゴミ出し忘れ

 

「ことば検定プラス」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -おとこの「おと」

 

【本日の  のボケは?】

「おとめ」ではなく「おっとめ(夫め)」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【おとめの「おと」と、語源が同じ言葉は?】

「おとめ」は若い女性のこと


「おとめ」
は漢字でこう書くように、「乙女」の「め」とは女性のことです。

一方、「おと」は、古くは「をと」と書いていました。

をと」と語源が同じ言葉に、「をつ」があります。
この「をつ」の意味は、"若返る"で、「をと」には"若い""未熟"という意味があるのです。
ですから、「をとめ」は、若い女性のことなのです。

「おとこ」は「おとめ」の対義語

そして、女性:ひめ(姫)、男性:ひこ(彦)のように、女性の「め」と対になるのが、男性を表す「こ」です。

すなわち、この「おとめ」の「め」を、「こ」に変えた言葉が男です。
実は「おとこ」とは、もともとは若い男性のことで、「おとめ」の対義語だったのです。
ということで、正解はおとこの「おと」です。
「おとなしい」は、大人を形容詞化した言葉で、本来は"大人びている"との意味ですが、そこから、"穏やか"や"静か"へと意味が広がりました。
「おとめ」と語源的な繋がりはありません。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
温暖化で恐れられる海面上昇、その1番の理由は?
「みんなのエンタメ検定」
「科捜研の女」をきっかけに京都府警が実用化した技術は?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定プラス」

スポンサーリンク
おすすめの記事