「常夏」と呼ばれていた花は? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

「常夏」と呼ばれていた花は?
ことば検定プラス 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定プラス」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定プラス」

きょうは8月26日。
8月も残り1週間を切りました。

暦の上では、すでに秋ですが、まだまだ暑いです。

岐阜県多治見での40.6℃など、猛烈な暑さを記録した今年の夏。
立秋を過ぎても、東京では真夏日が続いています。

 

それにしても、日本がまるで「常夏」になったかのような暑さですね。
そして「常夏」と言えば、古くは「常夏」と呼ばれた花があるのをご存知でしょうか?

 

きょうの問題

「常夏」と呼ばれていた花は?

   -ひまわり
   -なでしこ
   -落花生が見当たらない

 

「ことば検定プラス」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -なでしこ

 

【本日の  のボケは?】

「とこなつ」ではなく「どこ?ナッツ」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【「常夏」と呼ばれていた花は?】

「常夏」は「源氏物語」の巻名の一つ

「ひまわり」が夏を代表する花なのに対し、「なでしこ」は秋の七草の一つです。

ただし、品種によっては4月~8月にかけて花開くものもあるようです。
そして、「常夏」は「源氏物語」の巻名の一つなのです。
これは、光源氏が養女の玉鬘(たまかずら)に贈った歌です。
なでしこの とこなつかしき 色を見ば

もとの垣根を 人や尋ねむ

 

紫式部「源氏物語」常夏 (平安中期)

この「とこなつかしき」は、"いつも心ひかれる"との意味で、とこなつ(常夏)との掛け言葉です。
歌の意味は、「いつも美しいあなたを見たら、実の父君も亡き母君の行方を尋ねることでしょう」となります。

「常夏」と呼ばれていた「なでしこ」

「なでしこ」は、古くから品種が多くて、夏を越え秋まで花開く「なでしこ」は、ずっと夏が続いているようだと、「常夏」と呼ばれたのです。

ということで、正解は「なでしこ」です。
中国原産の、現在「せきちく」と呼ばれるなでしこの一種は、種をまく時期にもよりますが、春から夏にかけて花を楽しめます。
古くは、日本原産の「なでしこ」と区別されず、「常夏」と呼ばれたようです。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
ラムネの元(炭酸レモネード)を日本に初輸入したのは?
「みんなのエンタメ検定」
清野菜名 コロナ禍で新たに集め始めたものは?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定プラス」

スポンサーリンク
おすすめの記事