日本のイチジク、私たちが食べているのは? 【お天気検定】
スポンサーリンク

日本のイチジク、私たちが食べているのは?
お天気検定 依田司

テレビ朝日「グッドモーニング」依田司気象予報士の「お天気検定」の内容と解説をご紹介しています。
天気に関することや中継先や季節にまつわる生活に役立つ知識と雑学クイズが出題されます

スポンサーリンク

「お天気検定」

 

きょうの問題

日本のイチジク、私たちが食べているのは?

   -種
   -花
   -茎の一部

 

「お天気検定」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

 

   -花

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【日本のイチジク 食べているのは「花」】

イチジクは漢字で「無花果」と書きます。
これは他の植物と違って、袋の中に小さな花をたくさんつけて、外から花が見えないからなんです。
このように進化したのは、イチジクコバチという受粉を助けるハチが大きく関わっています。
元々は、このハチがイチジクの中に入って受粉を助けるため、花は袋の中で咲くという珍しい姿なのです。

イチジク
イチジクコバチという蜂が中に入って受粉を助ける
→花が内側に咲く珍しい姿に


ただ、日本で栽培されるイチジクは、蜂による受粉が行われずとも実ができる品種です。
また、イチジクコバチは日本では生息できませんので、国内産のイチジクの中に虫がいるということはありません。

 

日本産のイチジク
・受粉せずに実がなる(単為結実)
・イチジクコバチは日本に生息しない

-大阪府立環境農林水産総合研究所から-

 


-8月11日のお天気ワンポイント-

明日以降、全国的に曇りや雨で、西日本中心に大雨のおそれが出てきました。
いわゆる、秋の長雨ですが、いきなりの大雨に警戒をお願いします。

 

前回の出題

 

本日の出題

「ことば検定プラス」
「かぐわしい」の「香りがよい」以外の意味は?
「みんなのエンタメ検定」
高尾山 1927年に何に選ばれた?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

依田司さんの「お天気検定」について

スポンサーリンク
おすすめの記事