ラムネの元(炭酸レモネード)を日本に初輸入したのは? 【お天気検定】
スポンサーリンク

ラムネの元(炭酸レモネード)を日本に初輸入したのは?
お天気検定 依田司

テレビ朝日「グッドモーニング」依田司気象予報士の「お天気検定」の内容と解説をご紹介しています。
天気に関することや中継先や季節にまつわる生活に役立つ知識と雑学クイズが出題されます

スポンサーリンク

「お天気検定」

 

きょうの問題

ラムネの元(炭酸レモネード)を日本に初輸入したのは?

   -ザビエル
   -ペリー
   -マッカーサー

 

「お天気検定」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

 

   -ペリー

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【日本にラムネを持ち込んだのは「ペリー」】

幕末の1853年に、ペリー提督が来航した際、炭酸レモネードを江戸幕府の役人に飲ませたのが、日本における炭酸飲料が始まりとされています。

 

炭酸レモネード
1853年、ペリー提督が来航した際、
江戸幕府の役人に飲ませたのが始まり
-農林水産省HPから-

当時は、大航海時代でした。
船の上で栄養不足によって病気となってしまう人が増えたために、レモンなどを使った飲み物、「炭酸レモネード」が船に積まれるようになったということです。

その後、明治時代、横浜、長崎や東京で、ラムネが製造されたと伝えられています。
夏に、ラムネはいいですね。

 

-8月26日のお天気ワンポイント-

今日は大変暑くなります。
積極的に水分、塩分補給、それから家で過ごす方は、エアコンをしっかり使ってください。

 

前回の出題

 

本日の出題

「ことば検定プラス」
「常夏」と呼ばれていた花は? 
「みんなのエンタメ検定」
清野菜名 コロナ禍で新たに集め始めたものは?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

依田司さんの「お天気検定」について

スポンサーリンク
おすすめの記事