林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

アイスクリームの「コーン」、名前の由来は?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

今回は、祝日復習問題として2019年5月9日に出題されたものです。

5月9日はアイスクリームの日です。
昭和39年に東京アイスクリーム協会が制定しました。
アイスクリームシーズンが始まる連休明けのタイミングに、記念事業を行ったことに由来します。
現在のアイスクリームは、18世紀のフランスで生まれ、アメリカで発達したとされています。
日本人が初めて食べたのは江戸末期。
幕府の使節団がアメリカを訪れたときでした。
口の中に入れると、「たちまち溶けてとてもおいしい」と記録に残っています。
そこで今日のことば検定は、アイスクリームに欠かせないコーンについて、その名前は何に由来するかという問題です。
今日の問題

アイスクリームの「コーン」、名前の由来は?

 

【選択枝】
 とうもろこし
 円錐形
 当たりの棒

スポンサーリンク

本日の解答

 円錐形

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「コーン」ではなく、「幸運(こーぅん)」だそうです。

スポンサーリンク

林修先生の解説

【アイスクリームの「コーン」由来は】

アイスクリームのコーンの綴りはCone

青の選択肢「とうもろこし」を選んだ人は、コーンの原料がとうもろこしだと考えたのかもしれません。
しかし、残念ながらコーンの主な原料は、小麦粉なんです。

それに、とうもろこしのコーンの綴りが"Corn"に対し、アイスクリームのコーンは"Cone"なんです。

ワッフルの上にアイスクリームを乗せた

そして、アイスクリームのコーンが誕生したのは、1904年のアメリカだといわれています。

セントルイスで開催された万博会場で、ワッフルを売っていたアーネストさんは、ふと隣のアイスクリームスタンドの皿がなくなってしまったことに気づきました。
そのとき彼は、ワッフルを利用することを思いついたのです。
アーネストさんは、ワッフルをくるくるっと円錐状に巻いて、アイスクリームをのせたんです。
これが、コーン誕生の瞬間です。
ということで「円錐形」が正解です。
英語の"Cone"には、"円錐系のもの"という意味があって、工事現場などに置かれている円錐系のあれも、コーンと呼びますよね。

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事