【NHK紅白歌合戦2022】出場歌手 完全予想&結果
スポンサーリンク
スポンサーリンク

NHK紅白歌合戦2022 出場歌手 完全予想

 

 

今年で第73回を数える「紅白歌合戦」。
12月31日大晦日の風物詩で、国民的番組の1つです。

2021年はNHKホール改修のため、49年ぶりに会場変更となり東京国際フォーラムをメイン会場として有観客での開催となりました。
他にも、渋谷のNHKをはじめ、各地からの中継を交えての内容となりました。


どんな紅白だったのか、下記記事の中でかなり詳しいタイムテーブルにまとめていますので、ご覧ください。

ちなみに、2021年のテーマは「Colorful~カラフル~」でした。

 

 

 

【2021年東京国際フォーラム(メイン会場)以外の中継場所と出演者】

【渋谷NHK】
Perfume
NiziU
Awesome City Club
上白石萌音
薬師丸ひろ子
【京都・清水寺】
水森かおり
【東京湾クルーズ船】
宮本浩次
【東京・両国国技館】
さだまさし

 

スポンサーリンク

「紅白歌合戦」放送までの流れ

ここで、「紅白歌合戦」が大晦日に放送されるまでの流れについてまとめておきます。

紅白歌合戦観覧応募受付(抽選方式)

 

一度は、「紅白歌合戦」を現地に行って生で見たいと思っている人は少なくありません。
そんな「紅白歌合戦」は、毎年10月に観覧希望の申込み受付があり、当選すれば観覧が可能です。
*目安としては、10月第1木曜日に観覧募集についての案内が発表されます。

 

2022年の観覧募集の内容は次の通りです。
今年も、昨年から引き続き往復はがきでの応募ではなく、ネットで申し込みとなりました。

【申込方法】ネットでの申し込み(パソコン・スマホから応募可能)
【申込期間】10月6日(木)~20日(水) 23:59まで

【抽選結果発表】:12月12日(月)13:00以降

 

「紅白歌合戦」の観覧について、2019年までその当選確率は大変厳しく、応募件数はほぼ100万件以上で、抽選倍率は700~1000倍前後という狭き門でした。
ところが、2021年からのWEB申し込みでは、応募件数も12万件で抽選倍率も下がりました。
その理由は、これまで応募制限のなかった往復はがきと違い、1契約1回のみの応募に制限されたこと、高齢者らパソコンに不慣れな方が断念したのではないかという報道がされました。

 

「紅白歌合戦」司会者の決定

出場歌手とともに関心を集める司会者については、一般的に出場歌手の発表より先に行われます。
過去には、出場歌手と同日発表ということもありましたが、例年通りだと司会者発表が先だと思います。

過去10年間(2012~21年)で司会者が発表された日は、10月中の発表が5回、11月発表が5回。
前回(2021年)は、10月29日(金)に発表されました。

 

 

「紅白歌合戦」出場歌手の決定

「紅白歌合戦」の最大の関心事・出場歌手が発表されます。
発表された日はもちろん、翌日の新聞でも伝えられますから、その注目度の大きさがわかります。

 

過去10年間(2012~21年)を見ると、すべて11月に入ってからの発表です。
かつては11月25~26日前後の発表が続いていましたが、ここ5年は11月11~20日に発表されています。
前回(2021年)は、11月19日(金)に発表されました。

 

 

「紅白歌合戦」特別企画枠の発表

出場歌手とともに、注目されるのが「特別企画枠」の発表です。
大物アーティストの出場が実現して「紅白の目玉」になることもしばしばです。

ちなみに、前回はコロナ禍で沈んでいた背の中を明るくして欲しいという視聴者のリクエストで、 松平健さんの「マツケンサンバII ザ・カラフルREMIX」が登場したのは記憶に新しいところです。

これらの特別企画の内容は、そのほとんどは12月に入ってからの発表されます。
また、当日まで内容がわからないことも少なくありません。
今回も、一部のメディアの情報では大物アーティストの出場の可能性について伝えられています。

 

 

 

スポンサーリンク

NHK紅白歌合戦2022  司会者予想

 

司会者発表はいつ

 

出場歌手とともにいつも話題になるのが、司会者が誰になるかです。
過去10年間(2012~21年)の司会者発表がいつだったかを振り返ってみます。
過去10年間(2011~21年)で司会者が発表された日は、10月中の発表が5回、11月にずれ込んだのは5回でした。

 

【紅白歌合戦 司会者発表】

2021年 10月29日(金)
2020年 11月2日(月)
2019年 10月18日(金)
2018年 11月9日(金)
2017年 11月13日(月)
2016年 11月12日(土)
2015年 11月26日(木)
2014年 10月10日(金)
2013年 10月18日(金)
2012年 10月16日(火)

 

過去10年の発表日をみると、早かったのは10月10日、遅かったのは11月26日でした。
今回も、10月中旬から11月中旬にかけての発表がありそうです。
また、曜日の傾向として金曜日に発表されることが多いです。

 

 

 

第73回紅白歌合戦2022司会者発表日

2022年の司会者は、10月10日(月)に発表がありました

 

 

司会者予想

 

出場者と合わせて、司会者が誰になるのかも関心事のひとつです。
司会者は、一般的に出場者よりも早く発表されています。

 

前回(2021年)は、「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称を、全員「司会」に統一したため、これまでの紅組司会者、白組司会者、総合司会者の区別はされませんでした。

 

2021年紅白歌合戦司会者
和久田麻由子アナ
大泉洋
川口春奈

 

 

【過去10年間の紅白司会者一覧】

2021年 和久田麻由子アナ、大泉洋、川口春奈
2020年 【紅組】二階堂ふみ 【白組】大泉洋
【総合司会】内村光良、桑子真帆
2019年 【紅組】綾瀬はるか 【白組】櫻井翔
【総合司会】内村光良、和久田麻由子
2018年 【紅組】広瀬すず  【白組】櫻井翔
【総合司会】内村光良、桑子真帆
2017年 【紅組】有村架純  【白組】二宮和也
【総合司会】内村光良、桑子真帆
2016年 【紅組】有村架純  【白組】相葉雅紀
【総合司会】武田真一
2015年 【紅組】綾瀬はるか 【白組】井ノ原快彦
【総合司会】黒柳徹子、有働由美子
2014年 【紅組】吉高由里子 【白組】嵐
【総合司会】有働由美子
2013年 【紅組】綾瀬はるか 【白組】嵐
【総合司会】有働由美子
2012年 【紅組】堀北真希  【白組】嵐
【総合司会】有働由美子

 

 

総合司会者【総合枠】予想

 

前回と同様、「総合司会」「紅組司会」「白組司会」の区別なく、全員「司会」に統一することも予想されますが、ここではそれぞれに分けてみます。

 

2021年司会者
和久田麻由子アナ

 


桑子真帆アナ

前回の司会者だった和久田麻由子アナが産休に入っているため、有力候補です。
過去3回の経験値からの安定感、信頼感は揺るぎなく、何よりもその人気の高さと知名度から返り咲きの可能性は十分にあります。

 

内村光良

そして2017年から4年連続で、総合司会を務めた内村光良さん。
ソツのないMCぶりは評価も高く、総合司会を2名起用するならば有力な候補になります。

 

大泉洋

また2年連続で司会を務めた大泉洋さんの総合司会抜擢も予想されます。
ここ数年の視聴者予想を見ても、大泉洋さん人気は高く、彼を推す声も多いです。

 

櫻井翔 OR 相葉雅紀

また毎年候補にあがるのが、活動休止中の「嵐」から櫻井翔さんか、相葉雅紀さん。
このお二人は、白組の司会者としても候補にあがります。
ちなみに、櫻井翔さんは2018~19年と2回、相葉雅紀さんは2016年の1回、白組司会者を経験しているだけでなく、2010~14年まで嵐のメンバーとして白組司会者を務めていますから、実績は十分です。

 

総合司会者がもし復活するのであれば、新しい人物の抜擢ではなく、これまでの司会を務めたことがある人から選抜されるのではないでしょうか?

 

第73回紅白歌合戦2022 総合枠

2022年10月10日(月)に発表されたのは、総合司会という名称ではなく
桑子真帆アナウンサー
櫻井翔さん(スペシャルナビゲーター)

 

 

 

白組司会者【男性枠】予想

 

2021年司会者
白組司会としてでなく男性枠司会者として大泉洋さん

 

総合司会の候補と重複している人もいます。

 

大泉洋

2022年今回も大泉洋さんが最有力候補です。
前回は、2020年に続き2年連続の司会でしたが、今年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の出演も決定要因でした。
その実績たるや揺るぎないものになっていますし、周囲の評価も高く3年連続の選出の可能性が高いでしょう。

 

松本潤

他の有力候補として囁かれているのが、松本潤さん。
来年の大河ドラマ「どうする家康」で主演が決まっていることで、これまで大河ドラマ出演者が選ばれているということもあり候補の一人です。
ただし、これまで嵐のメンバーとしての司会経験はあるものの、個人として司会経験がないことがどう見るかです。

 

神木隆之介

来年の朝ドラ「らんまん」で主演する神木隆之介さん。
司会者としての一面を見たことがありませんが、過去の大河ドラマや朝の連ドラからの決まることも多いので見逃せない存在です。

実績組から

また、過去の実績組からの候補者として、2020年に活動休止した嵐のメンバーから相葉雅紀さんか櫻井翔さん。
多くのジャニーズ出場組をまとめることが出来ることも魅力です。

 

 

第73回紅白歌合戦2022 白組枠

10月10日(月)に発表されたのは、白組司会という名称はついていませんが・・・
大泉洋さん

 

 

紅組司会者【女性枠】予想

 

2021年司会者
紅組司会としてでなく女性枠司会者として川口春奈さん

 

川口春奈

前回の紅組司会者は、川口春奈さんで、朝ドラ「ちむどんどん」の出演者でした。
ヒロインの黒島結菜さんではなく、川口春奈さんの起用理由について、NHK関係者は「2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の出演をきっかけに、今や国民的女優へと成長した。番組の“顔”となる司会としてはこの上ない人選」と説明されていました。
NHK内の評価も高くしっかりと務めあげただけに、2年連続も視野に!

 

 

浜辺美波

2020年の紅組司会者は二階堂ふみさんで、彼女は朝ドラ「エール」のヒロインでした。
過去10年の司会者の傾向を見ると、7回が朝ドラ、3回が大河ドラマの出演者でした
この傾向は、おそらく今年も変わらないと予想します。
となれば、来春の朝ドラ「らんまん」の主人公役・神木隆之介さんの妻を演じるヒロインは浜辺美波さん。
知名度とその人気の高さから、候補となります。

 

北川景子

次に、2023年の大河ドラマ「どうする家康」からは、北川景子さん。
彼女の落ち着いた印象から、司会という大役を、物おじせずに対応できるかもしれません。

ただ、浜辺美波さん、北川景子さんともに紅白の司会経験がない部分をどう見るか?
昨年の川口春奈さんは初めての大役でしたが、その司会ぶりは見事なものでした。
今回も、未知なる魅力の起用も否定できません。

 

上白石萌音

過去の朝ドラ「カムカムエブリバディ」から上白石萌音さんも候補です。
昨年も候補としてあげましたが、紅組歌手としての出場でした。
大河ドラマ組より朝ドラの方から選ばれることが多いことを考えれば、可能性ありです。

 

実績組から

実績組から候補になる可能性も否定できません。
そうなれば、綾瀬はるかさん、有村架純さんに可能性が出てきます。

 

 

第73回紅白歌合戦2022 紅組枠

10月10日(月)に発表されたのは、紅組司会という名称はついていませんが・・・
橋本環奈さん

橋本環奈さんの司会者はサプライズでした。
大河ドラマや朝ドラにも出演していなくて、ここでも完全にノーマークでした。
今年の活躍として印象深いのは、上白石萌音さんとのダブルキャストで舞台「千と千尋の神隠し」で主演の千尋を演じました。
司会をするのは初めてのようですが、大抜擢ともいうべき紅白の司会という大役を見事にこなしてくれるでしょうね。

 

 

 

NHK紅白歌合戦2022 出場者予想

 

NHKの紅白出場歌手の選定基準は、「今年の活躍」、「世論の支持」、「番組の企画・演出」という要素により選出されています。

 

前回の紅白歌合戦出場者

 

まずは、2021年の出場者について振り返ってみます。
前回、出場歌手が決定したのは11月19日でした。

 

白組 紅組
KAT-TUN(初)
関ジャニ∞(10)
King & Prince(4)
郷ひろみ(34)
GENERATIONS(3)
純烈(4)
鈴木雅之(4)
SixTONES(2)
Snow Man(初)
DISH//(初)
BUMP OF CHICKEN(2)
氷川きよし(22)
平井大(初)
福山雅治(14)
星野源(7)
布袋寅泰(初)
まふまふ(初)
三山ひろし(7)
宮本浩次(2)
山内惠介(7)
ゆず(12)
藤井風(初)・・・12/24追加発表
AI(4)
あいみょん(3)
石川さゆり(44)
Awesome City Club(初)
上白石萌音(初)
坂本冬美(33)
櫻坂46(2)
天童よしみ(26)
東京事変(2)
NiziU(2)
乃木坂46(7)
Perfume(14)
BiSH(初)
日向坂46(3)
松田聖子(25)・・・出場辞退
MISIA(6)
水森かおり(19)
milet(2)
millennium parade×Belle(中村佳穂)(初)
薬師丸ひろ子(2)
YOASOBI(2)
LiSA(3)

*五木ひろしさんの不出場になるなど演歌枠の減少が話題になりました
*ジャニーズ枠が7組から5組に減少にジャニーズファンの反応が大きかったです。

*松田聖子さんが出場辞退となりました。

 

 

2021年特別企画枠

□ YOASOBI with ミドリーズ「ツバメ」
□ 松平健「マツケンサンバII ザ・カラフルREMIX」
□「~ 明日への勇気をくれる歌 ~」
紅白×ドラクエ 東京都交響楽団
「序曲」「そして伝説へ -ドラゴンクエストⅢより-」
LiSA 「炎 -劇場版"鬼滅の刃"無限列車編主題歌-」
紅白×エヴァ 高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」□ ケツメイシ「ライフイズビューティフル」
□ 細川たかし「望郷じょんから」「北酒場」
□ さだまさし「道化師のソネット」

 

 

 

 

 

2022年 白組出場者予想

 

11月16日に出場者決定(出場者は太字で表記)
予想リストになく出場が決まったのは、Official髭男dismでした。

Official髭男dismは、昨年出場がなかった時に、一部のメディアが出場辞退かと報じていたので予想できませんでした。

 

【安定の連続出場濃厚予想】

  • 関ジャニ∞
  • King & Prince…3名のメンバーの来年5月脱退退所報道を受け出場が微妙に!(11/9追加)
  • 郷ひろみ
  • 純烈
  • SixTONES
  • SnowMan
  • 氷川きよし←特別企画枠で出場
  • 福山雅治
  • 星野源
  • 三山ひろし
  • Mr.Children
  • ゆず

 

 

【初出場が期待されるアーティスト】

  •  Vaundy・・サブスク再生7曲が1億回越え 10~20代で圧倒的人気。出場決定情報あり(11/13スポニチ)
  • JO1・・日韓合同オーディション番組から生まれた男性グループ。出場内定報道あり(11/12スポニチ)
  • BE:FIRST・・SKY-HYことAAA日高氏プロデュース男性7人組。出場決定情報あり(11/13スポニチ)
  • Saucy Dog・・「♪シンデレラボーイ」ストリーミング累計再生回数1億回突破。出場内定(11/14サンスポ)
  • マカロニえんぴつ・・昨年の出場候補もついに出場濃厚との情報
  • Da-iCE・・2021年日本レコード大賞受賞で実績十分だが昨年出場期待もあったが今年は厳しい!?
  • 優里・・「♪ドライフラワー」で前回も有力候補だったが出場辞退の可能性もあり
  • back number・・10月スタートの朝ドラ「舞いあがれ!」の主題歌を担当
  • チューリップ・・デビュー50周年にして初の出場期待
  • なにわ男子・・ジャニーズ枠数が気がかりも、初出場決定報道(11/16スポニチ)
  • INI・・JO1など人気の高い男性グループの中での争いのため厳しいか

 

出場期待のアーティスト

  • 藤井風・・前回出場で認知度はさらにアップ←12/5に追加発表
  • さだまさし・・朝ドラ「舞い上がれ」でナレーション担当
  • 安全地帯・・デビュー40周年イヤーで内定との報道も!?
  • 桑田佳祐・・ソロ35周年を迎え年越し公演中の横浜アリーナからの中継出演に期待
  • 三浦大知・・朝ドラ「ちむどんどん」の主題歌「♪燦燦」で有力。黒島結菜さんなど出演者の登場にも期待
  • King Gnu・・サッカーW杯カタール大会NHKテーマ曲を担当
  • GENERATIONS・・男性組グループとしての実績と存在感は大きい
  • 鈴木雅之・・常連組になりつつあるが今年はどうか
  • 山内惠介・・実績十分ですが、演歌枠の動向が気になります
  • 水谷豊・・一部メディアで出場の可能性あり
  • 前川清・・朝ドラ「舞い上がれ」出演で朝ドラ枠に滑り込みの可能性
  • KinKi Kids・・デビュー25周年という節目でジャニーズ枠の目玉として期待
  • 男闘呼組・・TBS「音楽の日」に出演して反響を呼び、一部メディアが候補との声
  • DA PUMP・・沖縄本土復帰50周年ということで沖縄アーティストとしてNHKの出演も多かった
  • 加山雄三・・年内でのコンサート引退発表して紅白では歌手活動の集大成の出場も
  • 松平健・・前回は企画枠での出場も白組歌手としての出場を望む声も多い
  • 矢沢永吉・・デビュー50周年でメディアの露出度大きく特別枠の出場期待も白組としても
  • 藤井フミヤ・・今年は弟の尚之とのユニットF-BLOODが25周年を迎えている
紅白歌合戦2022出場者発表
2022年は11月16日(水)に発表されました

 

三浦大知 「♪燦燦」 朝ドラ「ちむどんどん」主題歌

back number  朝ドラ「舞いあがれ!」の主題歌

 

 

紅組出場者予想

 

11月16日に出場者決定(出場者は太字で表記)

下記の予想リストになく、今回出場が決定したのは、ウタ(アニメキャラ)篠原涼子TWICEでした。
なお、ウタ(アニメキャラ)の歌声はAdoさんが担当。

 

 

【安定の連続出場濃厚予想】

  • あいみょん
  • 石川さゆり
  • 坂本冬美
  • 櫻坂46
  • 天童よしみ
  • 東京事変
  • NiziU
  • 乃木坂46
  • Perfume
  • 日向坂46
  • 松田聖子(前回は出場辞退)
  • MISIA
  • 水森かおり
  • YOASOBI

 

 

 

【初出場が期待されるアーティスト】

  • IVE(アイヴ)…出場内定報道あり(日刊スポーツ11/8配信)
  • LE SSERAFIM(ル セラフィム)…出場有力との報道あり(日刊スポーツ11/8配信)
  • Aimer・・鬼滅の刃遊郭編オープニングテーマ曲「残響散歌」初出場決定の報道(11/14スポニチ)
  • Ado・・顔出しNGアーティストが出場ならどういう登場するかが見ものだが→ウタの歌声として出場
  • 緑黄色社会・・男女混成4人組バンド 結成10年目にして出場内定(11/13スポーツ報知)
  • KOH⁺・・柴咲コウがボーカルを担当する福山雅治による音楽ユニットで話題性十分

 

 

【出場期待のアーティスト】

  • SEKAI NO OWARI・・4年ぶりの出場で、初の紅組として決定という報道(11/15スポニチ)
  • 工藤静香・・ソロデビュー35周年 1980年代のアイドルが脚光を浴び、24年ぶりの出場報道(11/16スポニチ)
  • 上白石萌音・・今年は上白石萌歌さんとの姉妹での出場に期待
  • 中森明菜・・デビュー40周年で出演の打診も断念したとみられるという報道(11/12スポニチ)
  • 大黒摩季・・中高年層世代のカリスマ的存在として期待も高い
  • 森山良子・・沖縄本土復帰50周年ということで「♪さとうきび畑」で出場の可能性
  • milet・・前回出場も微妙なライン
  • LISA・・前回出場も微妙なライン
  • Superfly・・前回出場できずも期待あり
  • 小泉今日子・・デビュー40周年、今年NHKで特番が組まれているだけに企画枠での可能性にも期待
  • 宇多田ヒカル・・知名度の高いアーティスト出場は視聴率を上げるため重要な要素になる
紅白歌合戦2022出場者発表
2022年は11月16日(水)に発表されました

Aimer 鬼滅の刃遊郭編オープニングテーマ曲「♪残響散歌」

緑黄色社会  ストリーミング再生回数2億回超え「♪Mela!」

中森明菜  NHKが「中森明菜スペシャルライブ1989」放送して好評

 

特別企画枠&演出枠 予想

 

 

毎年「紅白歌合戦」では、紅白の出場歌手としてではなく、特別企画として紅組白組の出場歌手ではなく出演して楽曲が披露されます、
この企画枠には、えてして紅白歌合戦の目玉となるような大物歌手が登場するので、出場歌手の発表とともに注目されています。

 

今年は、沖縄の本土復帰50周年という歴史的節目の年で、さまざまな記念イベントが開催されました。
NHK朝ドラで「ちむどんどん」が放送されました。
そんな背景もあって、沖縄関連の企画が現地中継であってもいいかなと思っています。

また、デビュー何周年という節目を迎えている大物アーティストもいて、一部のメディアで出場予想もされています。
そんな背景を意識して、個人的に出場して欲しいという期待を込めた予想をしています。

 

特別企画枠または演出としての登場が期待されるアーティスト
紅白出場者予想とかぶりますがご了承ください。

 

  • 矢沢永吉・・デビュー50周年で今年はメディアの露出度も多く、今年の紅白の目玉候補
  • 松任谷由実・・白組が矢沢永吉であれば、紅組のデビュー50周年で今年は注目度抜群
  • チューリップ・・デビュー50周年にして初の出場期待は白組出場か企画枠の出場か
  • 桑田佳祐・・ソロ35周年を迎え年越し公演中の横浜アリーナからの中継出演に期待
  • 加山雄三・・年内でのコンサート引退で紅白でも再出場の期待! 谷村新司さんとのコラボならあの曲
  • 1980年代アイドル・・中森明菜、工藤静香、小泉今日子、藤井フミヤなどヒット曲メドレーの期待
  • 沖縄アーティスト・・沖縄本土復帰50周年を記念した企画が現地から中継というものを見たい
  • 松平健・・まさかの『マツケンサンバ』2年連続あってもいい
  • きつねダンス・・プロ野球・日本ハムを応援するファイターズガールが一大ブーム巻き起こした。

 

「きつねダンス」はここに来て一大ブームとなっています。
NiziUなどがこの「きつねダンス」を曲の中に一部取り入れての演出も面白いですね。

 

 

NHK紅白歌合戦2022 出場者予想まとめ

 

年末の最大関心事のひとつ「紅白歌合戦」。
当日は放送開始から終了まで観ないという方も、自分のお気に入りのアーティストをピンポイントにチャンネルを合わせて観ている人も多いのではないでしょうか?

それだけに、出場歌手が誰になるのか気になるところです。
そんな「紅白歌合戦」の出場歌手と司会者の予想をしてみました。
あくまでも予想ですから、温かい目で頂けると嬉しいです。

 

例年であれば、まず司会者が発表になります。(10月10日に発表がありました)
そして、出場歌手が発表になり、さらに企画枠の出場者が順を追って発表になる予定です。
ここでは発表が決まり次第、加筆して記事更新していきますので、ご注目のほどをお願いいたします。

紅白歌合戦2022出場者発表
2022年は11月16日(水)に発表されました
予想歌手とともに結果を入れています

 

いつも視聴率の数字が話題となりますが、やはり「紅白歌合戦」あっての大晦日ですし、「紅白歌合戦」終了しての年越しという時間を大切に過ごしたいと思っています。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事