1845年 野球の「最初のルール」は? 【ことば検定スマート】
スポンサーリンク

1845年 野球の「最初のルール」は?
ことば検定スマート 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定スマート」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定スマート」

今週は、野球がテーマです。

野球は、いつ頃からプレーされてると思いますか。
実は、野球の起源ははっきりしません。

似た競技は、古代から行われていたといわれています。
ベースボールという言葉が初めて使われたのは、18世紀のイギリス。
そして、18世紀中にはアメリカに伝わったといわれています。
ただし、その頃はまだ地方によって違う、様々な取り決めで楽しんでいたようです。
そんな中で、きちんとしたルールを作ろうとしたのがアレクサンダー・カートライトさん「現代野球の父」と呼ばれる方です。
この方が、1845年に20条にわたるルールブックを作りました。

この最初のルールは、今とは違うところがいろいろあるのですが、それは何でしょうか?

きょうの問題

1845年 野球の「最初のルール」は?

   -21点先取制
   -5アウトでチェンジ
   -秘密の取り決め

 

「ことば検定スマート」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -21点先取制

 

【本日の  のボケは?】

「さいしょのルール」ではなく「ないしょのルール」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【1845年 野球の「最初のルール」は? 】

 

野球最初のルール

今季の大谷翔平選手のホームランの映像は、何度も見られた素晴らしいバッティングでしたよね。

しかし、1845年に最初のルールができたときには、そもそもホームランという概念がなかったようです。
当時は、広い公園でやっていて、初めて柵ができたのは10年以上経ってからだと伝えられています。

さらに最初のルールでは、大谷投手のような150キロを超える投球も見られませんでした。
というのも、投球は下からトス
すると決まっていたのです。
速い球だと、バッターが打ちにくいからです。

イニング制ではなく21点先取制

元々は、ボールを打って楽しむスポーツだったのです。
となれば、点もたくさん入ったでしょうね。
3アウトでチェンジというのは、今も変わりません。
当時の野球はイニング制ではなく、先に21点取った方が勝ちというルールだったのです。
ということで、正解は「21点先取制」でした。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
最新の消防白書、火災の出火原因の最多は? 
「みんなのエンタメ検定」
なにわ男子 道枝駿佑 撮影現場で確認することは?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定スマート」

スポンサーリンク
おすすめの記事