林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

「ボタン」、名前の由来で有力なのは?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

今日は、2019年3月11日に出題された復習問題です。

少しずつ春の訪れを感じさせるようになってきました。
そして、3月といえば卒業式。
卒業式といえば、ちょっと強引ですが、卒業式ソングですよね。

卒業ソングには名曲がたくさんあります。
林修先生の世代だと、斉藤由貴さんのデビュー曲「♪卒業」です。
"♪制服の胸のボタンを下級生たちにねだられ"という歌詞を書いたのが作詞家の松本隆さん。

かつては、卒業式に憧れの先輩の第2ボタンをもらうという風習がありました。

ことば検定プラス 今日の問題

「ボタン」、名前の由来で有力なのは?

 

【選択枝】
 花のつぼみ
 船のいかり
 不良のズボン

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 花のつぼみ

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「ボタン」ではなく、「ボンタン」だそうです。

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【「ボタン」、有力な名前の由来は?】

「ボタン」元々はポルトガル語

「ボタン」という言葉が、外来語だというのは皆さんご存知かと思います。

16世紀から始まった南蛮貿易では、様々なものがポルトガルから伝わり、初めて見聞きするものには、ポルトガル語がそのまま使われました。パン、タバコ、こんぺいとう、ボタンもそれらの言葉の1つです。


「ボタン」は、ポルトガル語のbotão(ボトオン)に由来します。
この言葉の語源は、古代ゲルマン語、あるいは古代ラテン語だとされ、その意味が今日の正解で、「花のつぼみ」です。

ポルトガル語botão 「つぼみ」

 

このポルトガル語のbotão (ボトオン)にも、「つぼみ」という意味があります。
そして、卒業式の第2ボタンの風習は、昭和35年公開の戦争映画が起源だとされています。
胸の第2ボタンは心臓に近いことから、ハートを渡すという意味が込められていたそうです。

 

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の出題

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事