「ひっきりなしに続くさま」、正しいのは? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

「ひっきりなしに続くさま」、正しいのは?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

 

2月18日は、「嫌煙運動の日」です。
昭和53年のこの日、本格的な嫌煙運動がスタートしたことに由来します。
たばこの記憶というと、かつてあった新幹線の喫煙車、この車両を通り過ぎようとドアを開けた瞬間、本当に空気が白く霞がかかっているように見えて、こんな中にみんな吸っているんだと未だに頭に残っています。

また、会社のデスクでも吸えましたから、当時は、ひっきりなしに吸っていた人もいるでしょう。
ところで今出てきた「ひっきりなしに続くさま」を「のべつ○○なし」と言いますが、正しい表現がおわかりになるでしょうか?

 

ことば検定プラス 今日の問題

「ひっきりなしに続くさま」、正しいのは?

 

【選択枝】
 のべつくまなし
 のべつまくなし
 正月太りの母がダイエット

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 のべつまくなし

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「ひっきりなしに続くさま」ではなく、「必死になり、肉付くママ」だそうです。

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【「ひっきりなしに続くさま」、正しいのは?】

「のべつくまなし」は間違った表現

文化庁の調査では、「のべつくまなし」が3割に対し、「のべつまくなし」が4割。
ただし、30代以下は「のべつくまなし」を使う人が多いという結果が出ました。
まず、この「のべつ」には、"ひっきりなし"と言う意味があります。
「くまなし」には、"万事に行き渡っている"という意味がありますが、"ひっきりなしに万事に行き渡っている"では、意味は通じないですよね。

「のべつまくなし」が正しい表現

一方、「のべつまくなし」「まく」は漢字で書けば「幕なし」となります。
実は、元々は芝居で幕を引くことなしに、場面を進行させることを、「のべつまくなし」と言ったことからできた言葉なのです。
となれば、正解は「のべつまくなし」です。
どうやら、万事に行き渡っていることを強調して、「のべつくまなく」を使っている人がいるようなのですよね。
ただ、個別の意味を考えると、おかしな日本語だとおわかりいただけると思います。

 

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事