林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

「古事記」で、大根にたとえられた体の部分は?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

2月17日は「千切り大根の日」です。
いわゆる切り干し大根のことです。

大根は別名で「すずしろ」または「おおね」と呼ばれてきました。
実は「古事記」には「大根」を体のある部分にたとえた表現もあるのです。
といっても、女性に対し、大根足と表したわけでもないのです。

そこで今回は「古事記」で、大根にたとえられた体の部分か?という問題です。

ことば検定プラス 今日の問題

「古事記」で、大根にたとえられた体の部分は?

 

【選択枝】
 女性の白い腕
 男性のたくましい足
 源さんのやる気のスイッチが入る

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 女性の白い腕

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「大根」ではなく、「大工ON(だいくおん)」だそうです。

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【「古事記」で、大根にたとえられたのは?】

大根足が登場するのは昭和に入ってから

まず「大根足」という表現は、比較的新しく、文献に登場したのは昭和に入ってからだとされています。

そもそも、和服だと女性の足は見えませんから、比喩表現の対象となることもなかったようです。

仁徳天皇が皇后に贈った歌に登場

では、問題の「古事記」に登場する表現は、

これは仁徳天皇が皇后に贈ったとされる歌の一部です。

 

つぎねふ 山城女(やましろめ)の 木鍬(こくは)持ち
打ちし大根(おほね) 根白(ねじろ)の白腕(しろただむき)
"つぎねふ"は、山城の枕詞で、山城の女性が、木の鍬で耕し作った"おほね"この"おほね"が大根です。

そして、その根のように白い"ただむき"
この"ただむき"が今日の正解で、これは"腕の肘から先"のことなのです。

ということで、正解は「女性の白い腕」です。
春の七草の"すずしろ"を見ても、当時の大根は今ほど太くなく、それよりも、その白さから、美しさの例えとして使われていたのです。

 

 

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の出題

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事