ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

「ごまをする」の語源由来は?
「グッド!モーニング」 ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

 

ことば検定プラス 今日の問題

「ごまをする」の語源由来は?

【選択枝】
 ごまがすり鉢にくっつく
 胡麻油で口が滑らか
 平日1万円ずつ負け

スポンサーリンク

本日の解答は

 ごまがすり鉢にくっつく

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「ごまをする」ではなく、「5万スル(ごまんする)」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【「ごまをする」の由来は?】

「ごまをする」は、江戸時代後期の随筆に「胡麻を摺ると云うこと流行して」とあって、当時から現在の意味のように使われていた流行り言葉のようです。

胡麻を摺ると云うこと流行して
-江戸後期の随筆「綺語文草」から-

 

では、なぜ「ごまをする」ことが、人に媚びへつらうことになるのか?
ポイントは、胡麻をする行為そのものではなく、摺った後なのです。
実際に、すり鉢で胡麻を摺ると、すりつぶされた胡麻が、あちこちにべたべたと付きますよね。

この胡麻の様子が、その時々の都合で、他人に迎合する人や、偉い人に媚びへつらうことに通じると、江戸の人は考えたのです。

ちなみに、すり胡麻は"あたり胡麻"とも呼ばれます。
摺るのは縁起が悪いということで、"スルメ"を"あたりめ"と呼ぶのと同じ理由なのです。

 

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事