ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

戦場に由来する言葉は?
「グッド!モーニング」 ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

 

ことば検定プラス 今日の問題

戦場に由来する言葉は?

【選択枝】
 陣痛
 内幕
 当選者には桶

スポンサーリンク

本日の解答は

 内幕

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「戦場に由来(せんじょうにゆらい)」ではなく、「懸賞にたらい(けんしょうにたらい)」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【戦場に由来は?】

「陣痛」は、広辞苑に“しきり【̪̪陣】”という言葉が、「(「頻り」から)出産まぎわの陣痛」として載っています。

「頻り(しきり)」の「頻」は「頻発」の「頻」ですから、「しばしばであること」という意味です。
さらに、「陣」にはつらなる、ならぶという意味があります。
「しばしばおこる、つらなる痛み」で「陣痛」
戦場で使う、敵陣などの「陣」と別の言葉です。

「内幕」は、かつて戦場には大将が陣取る場所には二重の幕が張られていました
そして、その外側の幕を「外幕(とまく)」、内側の幕を「内幕」と呼びました。

大切な作戦は当然、内幕の中で練られますから、「内幕」が”内情を表す言葉”となったのです。
「内幕」の意味は、単なる幕から、江戸時代に”味方や一味”、さらには、”内情”に広がっていったと見られています。

 

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事