ニュース検定,池上彰
スポンサーリンク

プーチン氏支持率、コロナ契機にどうなった?
「グッド!モーニング」 ニュース検定 -池上彰-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ニュース検定」の解答をリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

池上彰 ニュース検定

 

ニュース検定 今日の問題

プーチン氏支持率、コロナ契機にどうなった?

 

【選択枝】
 過去最高水準
 変化なし
 過去最低水準
スポンサーリンク

本日の解答

 過去最低水準

 

「ニュース検定」の解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。

 

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

今日のキーワード
プーチン流強権政治②【北方領土に影】

ロシア憲法改正で北方領土問題にも影響

昨日お伝えしたロシアの憲法改正では、大統領の任期以外にも様々な変更がありました。
内政や外交に至る200以上もの項目で改正案が出され、国民投票にかけられたのです。
その中で、日本でも注目されているのは北方領土問題です。
今回の憲法改正で、領土の一部を他国に渡すことを禁止する"領土の割譲禁止条項"が盛り込まれたのです。
日本とロシア政府は、北方領土問題の解決も含めた平和条約の締結交渉を進めていますが、この憲法改正によって、今後の交渉が暗礁に乗り上げる恐れも出てきたのです。

今回改正された憲法には、「国境の再画定は例外」という但し書きもあることから、日本側には北方領土交渉に余地を残しているという希望的観測もあります。
しかしロシア側には、打ち切りムードが漂っています。
ロシア議会は、「この例外条項は日露交渉には適用されない」との見解を示しました。
実際、日本が主権を主張する北方四島の国後島では、ロシアの住民たちが領土の割譲禁止を定めた条文を記念碑に刻み、島の中心部に設置しました。
"日本への島の引き渡しはなくなった"として憲法改正を祝ったのです。

プーチン氏の支持率は過去最低水準


どうして北方領土問題に悪影響を与えるような憲法改正を行ったかというと、
プーチン大統領の求心力アップに繋げたいからです。
プーチン氏の支持率は、2年前に行われた"年金支給開始年齢の引き上げ"をきっかけに下がり始め、"新型コロナウイルスの感染拡大"によってさらに悪化しました。
かつては8割台を誇った支持率が、5割から6割台と過去最低レベルに低迷しているのです。
領土問題で強硬姿勢を打ち出すロシアに、日本はどう対応するのか、その戦略が問われています。

 

前回のニュース検定

 

本日の出題

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事