林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

「我慢」元々の意味は?
ことば検定プラス 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定プラス」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定プラス」

7月3日は、江戸時代の1837年に、生田万の乱が起きた日です。
国学者の生田万が、越後の柏崎で貧民救済のために蜂起した事件です。

生田は、3ヶ月ほど前に起きた大塩平八郎の乱の影響を受けていました。
2つの乱の背景にあったのは、多くの餓死者を出した天保の飢饉です。

 

生田は、柏崎の代官所を襲撃しましたが失敗し、自決しました。
大塩も生田も、再三にわたって、農民救済の嘆願を行いましたが、聞き入れられることはなく、まさに我慢の限界だったのです。
そこで今日は、今出てきた「我慢」の元々の意味は何かという問題です。

 

 

きょうの問題

「我慢」元々の意味は?

   -うぬぼれ
   -失敗
   -カエルの疑問

 

「ことば検定プラス」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -うぬぼれ

 

 

【本日の  のボケは?】

「がまん」ではなく「ガマ、ん?」というボケでした

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【「我慢」元々の意味は?】

我慢」は仏教に由来する言葉

「我慢」は仏教に由来する言葉です。

この「我慢」の「慢」は"慢心"の慢ですよね。

実は仏教には戒めるべき「七慢」というものがあるんです。

七慢
漫、過漫、漫過漫、我慢
増上漫、卑漫、邪漫
例えば、「漫」とは、自分より劣ったものに対して自分の方が勝っていると驕る心です。
また、「増上慢」は、悟っていないのに悟ったと言い張る慢心を言います。

「我慢」はうぬぼれを指す言葉

では、「我慢」とは何なんでしょうかね。

実はこれは、我をよりどころとして、心が高慢であることです。

言い換えれば、自分自身に固執して他人を侮ること、つまり「うぬぼれ」を指す言葉なんです。

 

我慢はうぬぼれて、自分自身に固執するところから、強情であることという意味に発展しました。
そこから、なぜかポジティブに自分の意志を張り通す心の強さととらえられ、江戸時代頃には「耐え忍ぶ」といういい意味になったようです。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
□ 梅雨前線の中で激しい雨が最も降りやすいのは?
「みんなのエンタメ検定」
北京五輪の野球で起きた珍事件 3アウトに気づいた人物は?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定プラス」

スポンサーリンク
おすすめの記事