第4回みんなが選ぶTAUTAYAコミック大賞2020 -どの作品から読みますか?-
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第4回みんなが選ぶTAUTAYAコミック大賞2020

今回は6月17日に決定した「TAUTAYAコミック大賞」からご紹介します。
次にヒットするであろう"ネクストブレイク"作品を、全国のマンガ好きが投票。

ちなみに過去の大賞作品は以下の通り。

2017年 2018年 2019年
約束のネバーランド
(白井カイウ・出水ぽすか/集英社)
ブルーピリオド
(山口つばさ/講談社)
呪術廻戦
(芥見下々/集英社)

 

TSUTAYA×comicspace
「第4回みんなで選ぶTSUTAYAコミック大賞」結果発表

 

TSUTAYAコミック大賞1~5位

 

第1位 「SPY×FAMILY」
遠藤達哉
集英社

孤独な凄腕のスパイ"黄昏"が、新たな任務のために作らなければならなかったのが、偽りの家族。
しかも、妻は殺し屋、娘は超能力者というクセがありすぎる顔ぶれ。
赤の他人同士のはずが、次第に芽生えていく家族愛。
互いに正体を隠した3人が、世界の危機に立ち向かうホームコメディです。

第2位 「おじさまと猫」
桜井海
スクウェア・エニックス

癒されて心がほっこりとする「おじさまと猫」

ペットショップで売れ残っていた一匹の猫。
日に日に値段が下げられ、見向きもされなかった猫の前に、一人の男性が現れる。
この猫「ふくまる」と名付けたおじさまのエピソードがいい作品。
誰かに愛されたかった猫と、優しいおじさまの心温まる物語です。

第3位 「新しい上司はど天然」
いちかわ暖
秋田書店

癒されること間違いなしのお仕事コメディ。

上司のパワハラに耐えられず転職した百瀬。
新しい職場の上司・白崎主任は百瀬の不安がぶっ飛ぶほどのど天然だった。
愛されキャラの上司にほっこり癒されるコメディです。

 

第4位 「僕の心のヤバイやつ」
桜井のりお
秋田書店

おかずクラブ ゆいPさんのイチオシ「僕の心のヤバイやつ」
中2病真っ最中の市川京太郎には、今一番殺したい人がいた。
それは学校一の美人・山田杏奈。
自分は杏奈に見下されていると思っていた京太郎、しかし意外にも天然キャラだとわかり、京太郎はじわじわと彼女に魅かれていく。

 

第5位 「極主夫道」
おおのこうすけ
新潮社

女優の広瀬アリスさんもおすすめの、アットホーム任侠コメディの「極主夫道」

裏社会に数々の伝説を残した最凶ヤクザ、その名も"不死身の龍"
そんな彼がヤクザから足を洗い選んだ道は、キャラ弁も作る専業主夫でした。

TSUTAYAコミック大賞6~10位

第6位以下は以下の通りでした。

第6位 その着せ替え人形は恋をする 福田晋一 スクウェア・エニックス
第7位 見える子ちゃん 泉 朝樹 KADOKAWA
第8位 やんちゃギャルの安城さん 加藤雄一 少年画報社
第9位 可愛いだけじゃない式守さん 真木蛍五 講談社
第10位 よふかしのうた コトヤマ 小学館

以上、ヒット間違いなしの10作品は以上です。
あなたはどのマンガから読みますか?

 

情報元

TBS「王様のブランチ」-2020年6月20日放送-

 

スポンサーリンク
おすすめの記事