ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

「寒天」、名前の由来は?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

2月16日は「寒天の日」です。

ゼリーやあんみつなど、デザートに欠かせない寒天は、糖質が含まれず、カロリーも低い人気の食品です。

(林修先生)個人的には、水羊羹です。
この番組でも何度もご紹介している通り、名古屋の水羊羹、特に「川口屋」さん「むらさきや」さん。
もう全然他のものとはレベルが違いますから、あれが楽しみで夏を待っているようなものです。

テングサなどの海藻類が原料の「寒天」は、日本発祥の食品なんだそうです。
そこで今回は、「寒天」とは何に由来する名前か?という問題です。

ことば検定プラス 今日の問題

「寒天」、名前の由来は?

 

【選択枝】
 寒空に放置
 テングサで作る
 カンニングペーパーが読めない

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 寒空に放置

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「寒天(かんてん)」ではなく、「カンペん?」だそうです。

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【「寒天」、名前の由来は?】

「寒天」は偶然できた食品

寒天は、江戸時代の前半、17世紀に偶然できた食品だと言われています。

ある冬の日、京都・伏見の旅籠では、参勤交代の大名を、ところてん料理でもてなしました。
その夜、主人は余ったところてんを外に出して、そのまま放置したのです。
外に出されたところてんは、夜に凍り、昼に溶けを繰り返すうち、乾物になったそうです。
そこで、主人が興味本位でこれを戻して固めると、なんと、ところてんより海藻の匂いがしない透明なものができたんです。

これが、寒天の原型です。

 

「寒天」とは漢語で"寒空"を意味する

 

その後、中国・明から来日していた偉い僧侶がこの話を聞き、漢語で"寒空"を意味する「寒天」と名付けたとされています。
ということで、正解は"寒空に放置"です。
そして、その僧侶が、中国・明の僧侶・隠元禅師です。
日本にいんげん豆をもたらし、その名前の由来となった人物です。

 

 

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事