林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

ハワイを代表する物の中で日本にルーツを持つものは?
ことば検定プラス -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

1月27日は、明治18(1885)年にハワイ移民団が出発した日です。
彼らは、政府が正式に認めた官約移民の第1号でした。

世界有数のサトウキビ輸出国だつたハワイでは、農場などで労働力が不足していました。
最初の公式移民団では、1000人近くがハワイへと渡ったのです。

移民は、大金が稼げると募集されましたが、実際の労働は大変過酷だったようです。

それでもおよそ40年間に20万人もの人がハワイへと渡りました。

ことば検定プラス 今日の問題

ハワイを代表する物の中で日本にルーツを持つものは?

 

【選択枝】
 アロハシャツ
 ウクレレ
 目は悪いけど・・・

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 アロハシャツ

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「ハワイ」ではなく、「歯はいい」だそうです。

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【ハワイを代表する物の中で日本にルーツを持つものは?】

「アロハシャツ」の起源は日本の着物


明治18年の最初の公式移民団の中に、宮本長太郎という方がいたそうです。

この方が、明治37年に、ハワイで「ムサシヤ」という店を開きました。
実は、宮本さんはもともとシャツの仕立て職人だったようで、シャツの店を開いたのです。
そして時は流れて、昭和10年、こんな広告がハワイの新聞に載りました。
その広告の中に、「MUSA-SHIYA」とあります。
この広告には、美しいデザインなどと書かれていますが、真ん中の部分に「ALOHA SHIRTS(アロハシャツ)」とあるんです。
実は、これが「アロハシャツ」という言葉が使われた最初だと言われています。

「アロハシャツ」は、日本の着物を仕立て直したものが起源だとされ、このことは内閣府のホームページにも載っているのです。

「ウクレレブラギーニャという楽器が起源

「ウクレレ」は、ポルトガル移民が持ち込んだ「ブラギーニャ」という楽器が起源だとされ、日本は関係ありません。

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事