ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

「あかぎれ」の由来は?
ことば検定プラス -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

1月20日は大寒(二十四節気)です。
1年で一番寒さが厳しくなるころだとされています。

例年、長野県の御代田町でこの日行われる「草越の寒の水」(今年は開催中止)
護国豊穣などを願った伝統行事。

1月の「小寒」~「立春」の前日(*今年は1月5日~2月2日)までが"寒"、その期間の冷たい水が"寒の水"です。
給湯器などが無い頃は、水が冷たくて炊事などは大変でしたでしょうね。
「あかぎれ」に悩まされた人も多いでしょう。

ことば検定プラス 今日の問題

「あかぎれ」の由来は?

 

【選択枝】
 赤く切れる
 足に出来るひび割れ
 海の夕日

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 足に出来るひび割れ

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「あかぎれ」ではなく、「赤綺麗(あかきれい)」だそうです。

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【「あかぎれ」の由来は?】

 

「あかぎれ」の"かぎれ"はひび割れ

「あかぎれ」の"あか"は、本来、色の"赤"ではないのです。
この言葉の漢字は、実は"皹"(*"皸"とも書きます)
1文字なのです。
そして「あかぎれ」は、「あか/きれ」と切れて「あかぎれ」だと思われている方が多そうですが、実は「あ/かぎれ」と切れるんです。
では、この「かぎれ」は何なのかといえば、もともとは、"かかり"や"かがり"と言って、ひび割れのことなんです。

「あかぎれ」の"あ"は足のこと

ならば、「あ」は何なんだ?ということになりますが、これを漢字で書けば、"足"のことなんです。
ところが、この"かがり"という言葉が、ほとんど使われなくなって、本来の「あ/かがり」ではなく、「あかがり」だという誤解が生じました。
しかし、それでは"がり"が意味不明ですから、「あかぎれ」として変化してと変化して定着したようなんです。
現在は、「あかぎれ」は手のイメージですが、大昔は今のような靴も靴下もありませんでしたから、足によくできたのかも知れません。

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事