ニュース検定,池上彰
スポンサーリンク

"小さな政府" が削減を目指すのは?
「グッド!モーニング」 ニュース検定 -池上彰-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ニュース検定」の解答をリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

池上彰 ニュース検定

 

ニュース検定 今日の問題

"小さな政府"が削減を目指すのは?

 

【選択枝】
 社会保障費
 軍事費
 宇宙開発費
スポンサーリンク

本日の解答

 社会保障費

 

「ニュース検定」出題から解答までリアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、ぜひ当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。

 

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

今日のキーワード
米大統領選がわかる④【小さな政府】

共和党が掲げる"小さな政府"が目指す社会保障費の削減

来月行われるアメリカ大統領選挙では、トランプ大統領の共和党とバイデン氏の民主党が激しくぶつかり合います。
そもそもこの二つの政党で何が違うのかといえば、それは目指している政府の姿です。
ポイントは、"小さな政府"か"大きな政府"かです。
"小さな政府"を掲げているのは、共和党です。
社会保障などに使う税金の支出を最小限に抑え、国民一人一人の裁量を重要視するのです。
 

一方、民主党は"大きな政府"です。
この違いがはっきりと表れたのが、"オバマケア"と呼ばれる医療保険改革法でした。
民主党のオバマ前大統領が公約に掲げ、2014年に導入されました、
低所得者から中所得者層に対する政府の補助を拡大し、新たに2000万人が医療保険に加入できるようになったのです。

大統領選挙を見る上で重要なポイント "大きな政府"か"小さな政府"か

今回の大統領選挙では、トランプ氏は"オバマケア撤廃"を訴え、バイデン氏は"オバマケア継続"を主張しています。

アメリカは日本と違い、国民皆保険制度がないため、国民は基本的に民間の保険に加入しています。
しかし、高額な保険料を払えないことなどを理由に、一時およそ5000万人、国民の実に6人に1人が無保険の状態でした。それに手を差し伸べたのが、オバマケアでしたが、トランプ大統領は就任当初から撤廃を訴えています。
完全な撤廃には至っていませんが、税制改革に合わせて、オバマケアの一部を見直しました。

どうしてトランプ大統領は"オバマケア"をやめようとしているかというと、巨額の財政負担が必要な政策だからです。
共和党の基本方針である"小さな政府"に反して、"大きな政府"に直結するというのです。
保険に加入するかしないかを決める個人の自由を奪うことにもなるとも主張しています。

"
大きな政府"か"小さな政府"か、大統領選挙を見る上で重要なポイントです。

 

前回のニュース検定

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事