林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

「明暦の大火」をきっかけに江戸城でおきた変化は?
ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

1月18日は、江戸時代の明暦3年に「明暦の大火」が起きた日です。

江戸本郷から出た火は、未明にいったん鎮火しましたが、翌日の午前中に、今度は小石川から。
夜には麹町からも出火するなど、江戸の大半が焼け、Ⅰ0万人以上が亡くなる大きな被害となりました。

「明暦の大火」を機に、区画整理が行われたほか、現在の隅田川に両国橋が架けられるなど、町の改造が進みました。
そして、天守閣が燃え落ちた江戸城でも、ある変化が起きたのです。

ことば検定プラス 今日の問題

「明暦の大火」をきっかけに江戸城でおきた変化は?

 

【選択枝】
 家畜を飼うように
 大奥の女性の髪型
 スルメワクチン

スポンサーリンク

本日のことば検定プラスの解答

 大奥の女性の髪型

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「明暦の大火(めいれきのたいか)」ではなく、「免疫持ったイカ(めんえきもったイカ)」だそうです。

スポンサーリンク

林修先生の解説

【「明暦の大火」きっかけの江戸城の変化は?】

「明暦の大火」

「明暦の大火」では、江戸城の本丸、二の丸、三の丸が次々と焼けて、残ったのは、西の丸だけでした。
当時17歳の4代将軍家綱をはじめ、幕閣たちも皆、西の丸に避難しました。

ところが、日ごろ自由に歩き回ることを禁じられた多くの女性たちは、城の構造に詳しくなく、避難は混乱を極めたんだそうです。

「明暦の大火」きっかけに髪を結いあげる

その頃、彼女たちは"垂髪(すべらかし)"といって、髪を長く伸ばし、背中に垂らしていました。
当然逃げるのに邪魔ですよね。

そこで「明暦の大火」を機に、髪を結い上げるようになったのです。

現在新しい生活様式が提唱されていますが、大きな災いが、私たちの生活や文化を変えることは、これまでにもあったのです。

 

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の出題

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事