「一石二鳥」の由来は? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

「一石二鳥」の由来は?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」


3月30日は、平成26(2014)年に、茨城県笠間市の「石の百年間」がオープンした日です。

笠間市の稲田石は日本を代表する花崗岩の1つ。
江戸時代から石材とされ、現在の日本橋や国会議事堂などにも使われています。
稲田石は、際立った白さから白い貴婦人と呼ばれているそうです。
そして、石を使った言葉に、「一石二鳥」があります。
しかし、実はこれはもともと日本で生まれた言葉ではないのです。
そこで今日は、この言葉は何に由来するかという問題です。
ことば検定プラス 今日の問題

「一石二鳥」の由来は?

 

【選択枝】
 中国の故事
 英語の慣用句
 これあんたが書いたじゃろ

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 英語の慣用句

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「一石二鳥(いっせきにちょう)」ではなく、「筆跡似ちょう(ひっせきにちょう)」だそうです。

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【「一石二鳥」の由来は?】

「一石二鳥」は英語の慣用句


「一石二鳥」の元となる言葉が、日本に入ってきたのは幕末の頃、広まったのは明治以降だとされています。
さらに、このような四字熟語の形になったのは大正以降だそうですから、比較的新しい言葉なのです。
そして元となる言葉は、17世紀頃には使われていたようです。

その元となった言葉というのがこちらで、英語なんです。。

kill two birds with one stone

"一個の石で二羽の鳥を殺す"ですから、そのまま訳したものです。

英語に由来することわざは多い

実は、私達が普段使っていることわざに、英語に由来するものは案外多いです。
例えば・・・。

時は金なり
Time is money

これは、ベンジャミン・フランクリンの言葉です。

また・・・

終わりよければ全てよし
All's Well That Ends Well

これは、シェイクスピアの戯曲のタイトルが元となっています。

他にもありますから、探してみるのも面白いかもしれないですね。

そして、英語でこの言葉「kill two birds with one stone」が使われた今も残る最も古い文献は、1656年イギリスの哲学者トマス・ホッブズの著書だとされています。

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の出題

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事