ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

「賽銭」の由来は?
ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

今日は1月5日、いつもの年なら「初詣には行かれましたか?」と聞くところですが、今年は新型コロナのせいで、「まだ行っていない」という方も多いでしょうね。

そして初詣に行くのは、神社でも寺でも問題ないのですが、お賽銭の役割は、本来だと神社と寺とでは違うのです。
神社のお賽銭には"前回の願い事へのお礼"という意味があって、
寺のお賽銭には"お金を落とし穢(けが)れを落とす修行する"という意味があるのだそうです。
(*宗派により異なる場合があります)

ことば検定プラス 今日の問題

「賽銭」の由来は?

【選択枝】
 御神酒(おみき)
 米を撒(ま)く
 謝る気を感じない

スポンサーリンク

本日の解答は

 米を撒(ま)く

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「賽銭(さいせん)」ではなく、「さーせん(すみません)」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【「賽銭」の由来は?】

「賽銭」の"賽"は神への感謝という意味

"さいせん"は漢字では「賽銭」と書きますが、これは和製漢語、つまり日本で作られた言葉だとされています。

"賽"の字には、神への感謝という意味がありますが、これは言葉の意味から、後に当てられたもので、古くは"散"と書いて「散銭」と呼ばれていました。

神への感謝はまず収穫物への感謝

そしてかつて、神への感謝と言えば、何よりにもまず収穫物への感謝でした。

神への感謝=収穫物への感謝

中でも、米は神から授かった神聖なものだとされ、収穫した米を感謝とともに神に供えたのです。
そんなお供えには、米を白紙で包んで供える"おひねり"と、神の前で米をまく"散米(さんまい)"とがあつて、この"散米"が、「賽銭」の語源だとされています。

室町時代頃になって、貨幣が流通し始めると神にお金を供えることが増えて、"散米"が"散銭"へと変わり、それがのちに「賽銭」へと変化したと見られます。

散米 ⇒ 散銭 ⇒ 賽銭

 

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

おすすめの記事