植物の和名で実際にあるのは? 【お天気検定】
スポンサーリンク

植物の和名で実際にあるのは?
お天気検定 依田司

テレビ朝日「グッドモーニング」依田司気象予報士の「お天気検定」の内容と解説をご紹介しています。
天気に関することや中継先や季節にまつわる生活に役立つ知識と雑学クイズが出題されます

スポンサーリンク

「お天気検定」

 

きょうの問題

植物の和名で実際にあるのは?

   -ザラメユキ
   -ウスゴオリ
   -シモバシラ

 

「お天気検定」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -シモバシラ

 

 

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【実際にある植物の和名はシモバシラ】


「シモバシラ」は、シソ科
の多年草で可愛らしいお花です。
名前の由来になったのは、「シモバシラ」は冬になると、茎が吸い上げた水分が凍り、茎の外側まで氷の結晶が覆ってきます。
これが霜柱のように見えることから、この名前になったそうです。
ちなみに、今朝もかわいらしい、ふわふわっとした白い氷の結晶が出てます。

この状態になると、「真冬が来たんだなぁ」と、大船フラワーセンターの方も思うそうです。

 

-1月17日のお天気ワンポイント-

今週は再び寒波がやってきて、寒い1週間になりそうです。
特に、受験生の方を中心に、寒さに負けないように1週間過ごしていきましょう。

 

[きょうの中継先]

神奈川・鎌倉市 大船フラワーセンター

前回の出題

 

本日の出題

「みんなのエンタメ検定」
キンプリ神宮寺勇太 奄美大島で食べた驚きの巨大食材は?
「ことば検定スマート」
「寒ブリ」ブリの名前の由来で有力なのは? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

依田司さんの「お天気検定」について

スポンサーリンク
おすすめの記事