「ライバル」の由来は? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

「ライバル」の由来は?
ことば検定プラス 林修

テレビ朝日「グッドモーニング」の林修「ことば検定プラス」の内容と解説を紹介しています。
林修先生が、「ことば」「漢字」にまつわる勉強になるクイズを出題して面白く解説してくれます。

スポンサーリンク

「ことば検定プラス」

 

一昨日の準々決勝、金メダルへのライバルとなるアメリカ戦で、見事な逆転勝利をおさめた侍ジャパン。
決勝進出をかけて、韓国と激突します。
13年前の北京五輪では、同じ準決勝で敗れているだけに、雪辱の一戦。因縁のライバル相手に、侍のエース・山本由伸投手の先発が有力視されています。

そこで、今回は今出てきました「ライバル」の由来は何かという問題です。

 

きょうの問題

「ライバル」の由来は?

   -小川
   -狩りの動物
   -態度の大きな太陽神

 

「ことば検定プラス」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -小川

 

【本日の  のボケは?】

「ライバル」ではなく「ラーいばる」というボケでした
*「ラー」とはエジプトの太陽神のこと

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【「ライバル」の由来は?】

「ライバル」語源はラテン語リーウス

「ライバル」は、英語由来の外来語です。

ただし、ニュアンスは少し違うようで、英語の「ライバル」は"敵意のある競争相手"に使うことが多いそうです。
そして「ライバル」は、16世紀後半に英語で使われ始めたとされますが、語源をたどると、ラテン語に行き着きます。

ラテン語(リーウス)は小川という意味


このrivus(リーウス)が、"同じリーウスを使う者"から、"同じリーウスを巡って戦う者"、さらに、"競争相手"へと変化したとされています。
ですから、このrivus(リーウス)の意味が、今日の正解です。

暮らしに不可欠で、ときに争いの元となるものといえば、「水・水源」ですよね。
となれば、正解は「小川」です。
一方、現在英語で川を意味するriver(リバー)の語源は、ラテン語で川の土手を表すripa(リーバ)だそうで、このrivus(リーウス)とは直接の関係はないそうです。

 

前回の出題

 

 

本日の出題

「お天気検定」
次のうち、山形県にある日本一のモノは?
「みんなのエンタメ検定」
体操金メダル 橋本大輝 高校時代のあだ名は?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

林修先生の「ことば検定プラス」

スポンサーリンク
おすすめの記事