林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

「インテリ」、本来は何を指す言葉?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

今回は、祝日復習問題として2019年5月7日に出題されたものです。

 

5月7日は、明治21年に日本初の博士号が25人に授与された日です。
25人の顔ぶれ、例えば会津出身の山川健次郎理学博士は、白虎隊の一員として、新政府軍と戦った経験を持ちながら、後に東京帝国大学総長を2度も務めました。
また、雄しべ、雌しべ、花粉などの言葉を作った伊藤圭介理学博士も、このとき博士となりました。
彼らは、当時の日本を代表するインテリ揃いだったわけです。
そこで今回のことば検定は、今出てきました。「インテリ」とは本来何を指す言葉かという問題です。
今日の問題

「インテリ」、本来は何を指す言葉?

 

【選択枝】
 知性
 社会的階層
 カレーの本場、首都

スポンサーリンク

本日の解答

 社会的階層

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「インテリ」ではなく、「インドデリー」だそうです。

スポンサーリンク

林修先生の解説

【「インテリ」、本来は何を指す言葉?】

「インテリ」は元々はロシア語

今回は「インテリ」が、英語の「インテリジェンス」の略だと考えて、青の選択肢「知性」を選んだ人がいるかもしれないですね。
しかし、「インテリ」は、もともとはロシア語なのです。

19世紀の帝政ロシアでは、農民たちが貧しい生活に苦しんでいました。
そこで、比較的裕福で高いレベルの教育を受けた知識人たちの中に「社会を改革するべきだ」と考える者たちが現れました。

 

「インテリ」は「インテリゲンチヤ」の略

彼らのことを、ロシア語で「インテリゲンチヤ」と言います。

日本でも、左翼思想・左翼運動の影響ともに、知識階級の意味で使われるようになりました。
「インテリ」は、この「インテリゲンチヤ」の略なんです。
ということで、正解は「社会的階層」です。
帝政ロシアにあっては、「インテリゲンチヤ」は限られた階層の人たちだったんですね。
そして、「インテリゲンチヤ」の語源は古典ラテン語で、"理解する"という意味の「インテッレゴー」とされ、
実はこれは英語の「インテリジェンス」の語源でもあるんです。

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事