林修のことば検定プラス
スポンサーリンク

「米百俵の精神」、長岡藩が造ったものは?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

4月26日は、平成13年に小泉純一郎さんが総理大臣に指名された日です。
「自民党をぶっ壊す」や「抵抗勢力」などのフレーズで圧倒的支持を得て、小泉旋風と呼ばれました。

小泉純一郎総理(当時)の所信表明演説(平成13年5月7日)

今の痛みに耐えて 明日を良くしようという
米百俵の精神こそ、改革を進めようとする今日の我々に必要ではないでしょうか

「米百俵の精神」とは、現在の新潟、長岡藩の明治3年のエピソードです。
当時、困窮していた長岡藩は、近くの藩が援助された米百俵を食べずに、売ったお金であるものを作りました。
そこで、今回は長岡藩が造ったものは何かという問題です。

ことば検定プラス 今日の問題

「米百俵の精神」、長岡藩が造ったものは?

 

【選択枝】
 学校
 病院
 ピアノ教室注意書き

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 学校

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「米百俵の精神」ではなく、「米発表の際しーっ」だそうです。

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【「米百俵の精神」、長岡藩が造ったものは?】

新政府軍との戦いに敗れた長岡藩


幕末、大政奉還の後、長岡藩は新政府のやり方に異を唱えました。

新政府軍との激しい戦闘で、長岡藩は善戦むなしく敗北を喫します。
戦後、領地は焼け野原
石高も大幅に減らされ(7万4千石→2万4千石)、その日の食事にも事欠くほどの困窮状態に陥ったのです。

近くの藩から贈られた米百俵

そこで、窮状を見かねた近くの藩から、米百俵が贈られたんです。
しかし、喜ぶ藩士たちを前に、藩のリーダーだった小林虎三郎は、こう語ったと伝えられています。

百俵の米も 食えばたちまちなくなるが、
教育にあてれば、明日の一万、百万俵となる。
教育に充てるべきだと言ったんですね。
ということで、正解は「学校」です。
長岡藩の作った学校は、農民や町民の子供も入学を許される先進的なもので、その後、長岡からは山本五十六をはじめ、多くの指導者が生まれているのです。

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事