王様のブランチ 本の売上ランキング
スポンサーリンク

【王様のブランチ】本(文芸書)ランキング TOP10
-2021年4
月12日~18日-

毎週土曜の「王様のブランチ」で発表されている最新の本の売り上げランキングです。

今回は、ブックファースト自由が丘店による【文芸書ランキング】として発表されたものです。
スポンサーリンク

BOOKランキング1~5位

第1位 「白鳥とコウモリ」
東野圭吾
幻冬舎

東野圭吾さん35周年記念作品。
「今後の目標はこの作品を超えることです」と東野さんが自らコメントした、新たな最高傑作。

東京で起きたある殺人事件。
被害者は弁護士の白石。
捜査線上に浮かびあがったのは、愛知に住む倉木。
すぐに犯行に認めた彼は、さらに別の罪についても自供を始める。

それは、30年以上前に愛知で起きた殺人事件。
その犯人も、自分だというのだ。
倉木はなぜ白石を殺し、過去の罪を今告白したのか?

過去と現在、2つの事件に隠された真実を巡る傑作ミステリー。

 

 

第2位 「52ヘルツのクジラたち」
町田そのこ
中央公論新社

2021年書店員さんが今一番売りたい本を選ぶ「本屋大賞」受賞作。

家族に虐げられ孤独に生きてきた女性と、虐待を受ける少年。
2人が寄り添いながら、未来への一歩を踏み出す感動作です。

 

 

第3位 「クララとお日さま」
カズオ・イシグロ(著)土屋政雄(訳)
早川書房

ノーベル文学賞作家カズオ・イシグロさんの最新作。

 

 

 

第4位 「悪魔には悪魔を」
大澤在昌
毎日新聞出版

 

 

第5位 「ヤマザキマリ対談集 ディアロゴス」
ヤマザキマリ
集英社

漫画家ヤマザキマリさん初の対談集。
【ディアロゴス】とは、ギリシャ語で対話という意味。
ヤマザキさんと11人の知識人たちが、様々な視点から今を生きる知恵を語る一冊です。

 

スポンサーリンク

BOOKランキング6~10位

第6位以下のランキングは以下の通りでした。

第6位 「推し、燃ゆ」 宇佐美りん 河出書房新社
第7位 「魂手形 三島屋変調百物語七之続」 宮部みゆき KADOKAWA
第8位 「オルタネード」 加藤シゲアキ 新潮社
第9位 「MR」 久坂部 羊 幻冬舎
第10位 「花下に舞う」 あさのあつこ 光文社

 

第6~10位の中で注目の一冊

「魂手形 三島屋変調百物語七之続」宮部みゆき

時は、江戸時代。
神田・三島屋で語られた怖い話の数々。
宮部みゆきさんの三島屋百物語シリーズ第7弾の今作では、恐ろしくも切ない3つの会談が語られる。

ある武士が語ったのは、不思議な太鼓の話。
武士の故郷では、長い間大きな火事が起きなかった。
それは古くから伝わる太鼓のおかげ。

火事が起きた時、叩くと不思議と炎が鎮まっていくという。
一体なぜなのか?

その太鼓が持つ恐ろしい秘密を知る武士は、誰にも言えなかった真実を話し始める。
人は語る。恐れや悲しみを鎮めるために。
人は聞く。弱さや切なさを分け合うために。

 

情報元

TBS「王様のブランチ」-2021年4月24日放送-
スポンサーリンク
おすすめの記事