エンタメ検定,グッドモーニング
スポンサーリンク

アカデミー賞の歴史に残る5分半のスピーチ 長くなったワケは?
「みんなのエンタメ検定」 -グッドモーニング-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「みんなのエンタメ検定」の出題と解答をご紹介しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

みんなのエンタメ検定

アカデミー賞といえば、恒例の受賞者によるスピーチ。
実はこのスピーチ、長くならないよう受賞者に45秒以内という時間制限が2020年まで設けられていたのです。
きっかけは、1943年、「ミニヴァー夫人」で主演女優賞を受賞したグリア・ガースンさんのスピーチです。
それでは、ここで問題です。
グリア・ガースンさんは、5分半もスピーチをしたのですが、なぜそんなに長くなったのでしょうか?

 

みんなのエンタメ検定 今日の問題

アカデミー賞の歴史に残る5分半のスピーチ 長くなったワケは?

 

【選択枝】
 ずっと泣き続けた
 恋人にプロポーズ
 生い立ちを話した

【みんなのエンタメ検定】
本日の解答

 生い立ちを話した

 

「みんなのエンタメ検定」
の解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。

 

スポンサーリンク

【みんなのエンタメ検定】解説

映画評論家・清藤英人氏の解説

グリア・ガースンさんが登壇して、「ありがとうございます。この一言がすべてです」って言った後に、延々と自分の子ども時代の思い出話まで派生してしまい、最終的に5分30秒もかかっちゃったんですね。
それ以来、45秒ルールができたのではないかと言われていますね。

5分30秒ものスピーチは、オスカーでの最長記録としてギネスにも登録されています。

スタジオの新井 恵理那さんの解答
 生い立ちを話した」で正解しました
【新井さんの参加結果 18回】
正解 8回 誤答 10回

 

グリア・ガースンさんは、5歳で北アイルランドからアメリカに移住したということで、苦労されていたということです。
当時、戦争中だったということで、アメリカ政府や同盟国への感謝の弁を含め、5分半も喋り続けたということです。
この45秒ルールですが、今年撤廃したそうです。
その理由としては、受賞者のスピーチをまとめて「1本の映画にしたい」という構想があるからということです。

 

前回のエンタメ検定

 

本日の出題
「ことば検定プラス」
「お天気検定」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事