「スーパーボウル」、「ボウル」と表記する由来は? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

「スーパーボウル」、「ボウル」と表記する由来は?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

2月8日、アメリカのフロリダでまもなく始まるのが「スーパーボウル」です。
アメリカンフットボールのプロリーグの№1決定戦です。

アメリカでは、その年を代表するビッグイベントで、毎年のようにテレビの年間視聴率の第1位を記録しているんだそうです。
昨年のスーパーボウルの視聴率は41.6%で、実に1億人近い人が中継を見たというから驚きです。

そして、「スーパーボウル」と名付けられたのは、1969年と意外と新しいのですが、「スーパーボール」ではなく「スーパーボウル」なのですね。

そこで今回は、「ボウル」と表記する由来はなぜか?という問題です。

 

ことば検定プラス 今日の問題

「スーパーボウル」、「ボウル」と表記する由来は?

 

【選択枝】
 スタジアムの形
 日本メディアの誤表記
 梅干し巻いたケーキ

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 スタジアムの形

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「スーパーボウル」ではなく、「すっばぁロール(酸っぱぁロール)」だそうです。

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【「スーパーボウル」、「ボウル」の由来は?】

スーパーボウル名付け親ラマー・ハント氏


1960年代、アメリカには2つのプロリーグがあって、67年にお互いのチャンピオンチームによる№1決定戦を行うことにしました。

それが「スーパーボウル」の始まりです。
「スーパーボウル」の名付け親は、片方のリーグの創設者のラマー・ハントという人物です。

彼はテキサスの石油王の息子で、スポーツビジネスにも熱心だったのです。

 

ボウルは「スタジアムの形」が由来

そして、名前のヒントとなったのが、おもちゃのスーパーボールです。
しかしこれは、あくまでボール(ball)で、ボウル(bowl)ではないですよね。
英語のボウル(bowl)とは、いわゆるボウルやお椀のことです。
では、なぜボウルなのか。
それは、あるものがお椀型だからです。
正解は、青の選択肢の「スタジアムの形」です。
実は、プロより歴史のあるカレッジフットボール(1869年誕生)では、すでポストシーズンの試合をスタジアムの形から、「ボウルゲーム」と呼んでいました。
ハントさんは、それに倣って「スーパーボウル」にしたと見られています。

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事