「人口に膾炙する」、「膾炙(かいしゃ)」の由来は? 【ことば検定プラス】
スポンサーリンク

「人口に膾炙する」、「膾炙(かいしゃ)」の由来は?
「ことば検定プラス」 -林修-

 

テレビ朝日「グッド!モーニング」の「ことば検定プラス」の出題と答えを速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生の「ことば検定プラス」

1月29日は、明治5年に全国戸籍調査が行われた日です。
江戸時代にも人別帳(にんべつちょう)などがありましたが、全国規模の調査は初めてでした。

この戸籍によると、当時の人口はおよそ3311万人。
ただし、実際はもっと多かったのではないかと現在は考えられています。

そして、人口がついた言葉「人口に膾炙(かいしゃ)する」をご存知ですか?
"広く人々に好まれ話題にのぼって知れ渡る"という意味です。

そこで、今回は「膾炙する」とは、何に由来する言葉かという問題です。

ことば検定プラス 今日の問題

「人口に膾炙する」、「膾炙(かいしゃ)」の由来は?

 

【選択枝】
 浸透
 ごちそう
 ローンを組んだ歯医者

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】本日の解答

 ごちそう

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「人口に膾炙する」ではなく、「銀行に歯医者くる」だそうです。

スポンサーリンク

【ことば検定プラス】林修先生の解説

【人口に"膾炙(かいしゃ)"する由来は?】

膾炙の"膾"は"なます"とも読む

「人口に膾炙(かいしゃ)する」は、この言葉に由来します。

「一篇一詠 膾炙人口」

これは中国・唐の詩集の序文の一節で、"この詩集の一篇一詠が人々の口に上ってもてはやされた"という意味です。

では、この膾炙(かいしゃ)とは一体何なんでしょうか?
「膾」は"なます"とも読みます。
お正月に食べた紅白なますの、あの"なます"です。
ただし、もともとは野菜ではなく、古代中国で"獣や魚の生の肉の細切り"のことを言いました。

膾炙の炙は"あぶる"とも読む


一方、この「炙」。
こちらは、"
あぶる"とも読むように、"あぶった肉"のことです。

中国では、なますもあぶった肉も、万人に好まれるごちそうでした。
今で言えば、寿司とステーキといったところでしょうか?
そこで、広く好まれることを、膾炙(かいしゃ)と言うようなったのです。
ということで、正解は「ごちそう」です。
ですから、この言葉は、悪い意味で知れ渡ることやものには使えないんです。
お気をつけください。

前回の「ことば検定プラス」

 

本日の出題

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事