ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

和食の「懐石」なぜ「石」が使われる?
「グッド!モーニング」 ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

今日は、2017年11月24日に出題された復習問題でした。

ことば検定プラス 今日の問題

和食の「懐石」なぜ「石」が使われる?

【選択枝】
 温めた石を調理に使った
 石で温めて空腹を紛らわせた
 台湾といえば・・・

スポンサーリンク

本日の解答は

 石で温めて空腹を紛らわせた

 

ことば検定プラスの解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。


【今日ののボケは?】
「懐石」ではなく、「蒋介石(しょうかいせき)」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【和食の「懐石」なぜ「石」?】

「懐石」の起源は茶の湯

「懐石」ですが、最近はこの「会席」と混同されることが多いようです。
しかし、この「会席」を書く料理は、宴で酒を楽しむためのもので、難しい作法も特にありません。

一方、この「懐石」は、起源が"茶の湯"にあって、千利休がその基本形を作ったとされています。
お茶を楽しむための料理なのです。

「懐石」の由来は禅宗

それではなぜ「懐石」という名称なのか?
その由来は禅宗にあります。

禅宗の修行僧は、午前中しか食事を許されませんでした。
そこで夜になると、懐に温めた石を入れて、寒さや空腹を紛らわせたのです。

 

"懐に石"だから、「懐石」なのです。
禅宗の影響を受けた茶の湯では、"江戸時代に茶の席で出す空腹をしのぐための軽食"を「懐石」と、この字を当てて呼ぶようになったようです。

そして「懐石」、これだけで料理という意味を含んでいますから、本来は「懐石料理」とは言いません
「懐石」だけでいいのです。

 

前回の「ことば検定プラス」

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事