ことば検定プラス,林修
スポンサーリンク

洋菓子「ラングドシャ」 名前の由来は?
朝の情報番組「グッド!モーニング」 ことば検定プラス -林修-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ことば検定プラス」の答えをリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

林修先生 ことば検定プラス

 

ことば検定プラス 今日の問題

洋菓子 ラングドシャ 名前の由来は?

【選択枝】
 猫の舌
 豚の耳
 工事現場に搬入

スポンサーリンク

本日の解答は

 猫の舌

 

「ことば検定プラス」出題から解答まで
リアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、ぜひ当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。


【今日ののボケは?】
「ラングドシャ」ではなく、「ダンプ土砂(どしゃ)」だそうです。

スポンサーリンク

本日の林修先生の解説

【ラングドシャ 名前の由来】

フランスの洋菓子「ラングドシャ」が生まれたのは、17世紀とも19世紀ともいわれています。
名前の由来は、形や表面の感触にあるとされますが、実はドイツにも同じ意味を持つお菓子があります。

といってもドイツのものは、「カッツエンツンゲン」というチョコレートです。
このチョコレートも名前の由来は、形にあります。

2つの名前の意味は「猫の舌」なんです。
「ラングドシャ」は、その形とざらざらした様子が"猫の舌"に似ていることから名前が付きました
「ラング」が"舌"、「シャ」が"猫"なんですね。

選択肢の1つ"豚の耳"=【独】Schweineohren(シュヴァイネオーレン)は、ドイツの"ハート型のパイ"のことをこう呼びます。
日本ではフランスのパルミエの方が知られています。
【仏】Paimier(パルミエ)は、ヤシ、手のひらという意味です。

 

前回の「ことば検定プラス」

 

スポンサーリンク
おすすめの記事