国営ひたち海浜公園、かつて何だった? 【お天気検定】
スポンサーリンク

国営ひたち海浜公園、かつて何だった?
お天気検定 依田司

テレビ朝日「グッドモーニング」依田司気象予報士の「お天気検定」の内容と解説をご紹介しています。
天気に関することや中継先や季節にまつわる生活に役立つ知識と雑学クイズが出題されます

スポンサーリンク

「お天気検定」

 

きょうの問題

国営ひたち海浜公園、かつて何だった?

   -飛行場
   -ゴルフ場
   -大名屋敷

 

「お天気検定」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -飛行場

 

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【国営ひたち海浜公園 かつて飛行場だった】

現在の、国営ひたち海浜公園一帯は、かつて第二次世界大戦中に水戸陸軍飛行学校として開校し、水戸東飛行場がありました。
その後、平和の象徴として「公園を整備したい」という地元の強い思いにより、国営ひたち海浜公園が誕生することになりました。
人工的に整備された丘に使用した土は、なんと大型トラック20万台分、25年ほどかかって造成しました。
ちなみに一番高い頂上は標高58m、ひたちなか市の中で最高地点になるんだそうです。
-4月22日のお天気ワンポイント-

関東地方も雲が取れて日差しが出てきました。
この後は、気温がぐんぐん上がり、広い範囲で25℃を超えてきそうです。
今日は、こまめな水分補給と休憩をお願いいたします。

[きょうの中継先]

茨城・ひたちなか市 国営ひたち国営公園

前回の出題

 

本日の出題

「みんなのエンタメ検定」
寺田心 中学でバスケ部 思わず泣いた出来事は? 
「ことば検定スマート」
「オーデコロン」名前の由来は? 

 

今月のプレゼントと応募方法

 

依田司さんの「お天気検定」について

スポンサーリンク
おすすめの記事