次のうち、花粉の飛散量が多くなる要因はどれ? 【お天気検定】
スポンサーリンク

次のうち、花粉の飛散量が多くなる要因はどれ?
お天気検定 依田司

テレビ朝日「グッドモーニング」依田司気象予報士の「お天気検定」の内容と解説をご紹介しています。
天気に関することや中継先や季節にまつわる生活に役立つ知識と雑学クイズが出題されます

スポンサーリンク

「お天気検定」

 

きょうの問題

次のうち、花粉の飛散量が多くなる要因はどれ?

   -前年の夏が冷夏
   -前年の夏が暑夏
   -直前の冬が暖冬

 

「お天気検定」の解答を速報しています
お気に入りにしていただけると嬉しいです

 

スポンサーリンク

きょうの答え

   -前年の夏が暑夏

 

 

スポンサーリンク

きょうの解説

【花粉の飛散量が多くなるのは前年が暑夏】

花粉症に影響を与えるスギ花粉の雄花は、毎年7月から8月に作られます。
ですから、夏に十分な日照時間があって暑い日が続くと、雄花は大量に作られて、翌年の花粉の飛散量は多くなります。
スギ花粉
□日照時間が長い
□夏の気温が高い
→翌年の飛散量は多くなる
ちなみに去年の夏は、北日本と東日本、特に北陸や関東の沿岸部などは平年を上回る暑さでした。
日照時間もたっぷりあったので、雄花の成長に適した天候であったと言えそうです。
一方、西日本は平年より気温が低かったところが多かったです。
それを考慮した今年の花粉の飛散量ですが、やはり北日本や北陸は去年の1.2倍~2倍の花粉が飛びそうです。
関東などは去年より少し多く1.2~1.5倍の花粉が飛びそうです。
一方、西日本は去年より少ないという飛散となりそうです。
2月の上旬になると本格的に飛散が始まります。

 

-1月31日のお天気ワンポイント-

きょうは冬型が強まり、寒い1日になり、加えて風も強く吹きそうです。
風邪などひかないように暖かくしてお過ごしください。

 

 

[きょうの中継先]

東京・立川市 あみちゃんファーム

前回の出題

 

本日の出題

「みんなのエンタメ検定」
森田剛が絶賛した映画「前科者」有村架純の演技とは? 
「ことば検定スマート」
「美人を表す言葉」は?

 

今月のプレゼントと応募方法

 

依田司さんの「お天気検定」について

スポンサーリンク
おすすめの記事