日本政府が採用した"基盤システム"はどこの子会社? 【ニュース検定】
スポンサーリンク

日本政府が採用した"基盤システム"はどこの子会社?
ニュース検定 -池上彰-

テレビ朝日 -未来をここからプロジェクト-
日本政府が採用した"基盤システム"はどこの子会社?

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ニュース検定」の解答をリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

池上彰 ニュース検定

 

ニュース検定 今日の問題

日本政府採用"基盤システム"はどこの子会社?

 

【選択枝】
 アマゾン
 マイクロソフト
 フェイスブック
スポンサーリンク

本日のニュース検定の解答

 アマゾン

 

「ニュース検定」の解答速報を発信しています。
お気に入りやブックマークしておくと便利です。

 

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

今日のキーワード
-未来をここからプロジェクト-
"進化する"産業界③【クラウドの雄】

コロナ禍での勝ち組企業アマゾン

アマゾンといえば、コロナ危機の渦中でも勝ち組となっている企業の代表格です。
ステイホームで外出を控えて、家にいる人たちが普段よりインターネットで買い物をするようになったのです。
いわゆる、"巣ごもり需要"です。

これでアマゾンは順調に売り上げを伸ばし、2020年7月から9月の売り上げはおよそ10兆円、純利益は前の年の同じ時期と比べて倍増し、過去最高を記録したのです。

日本政府採用のアマゾンウェブサービス

さらに新型コロナに絡んで、働き方に関しては、もう一つ大事な動きがありました。
"テレワーク"です。
これもアマゾンにとって、追い風となりました。
自宅で仕事をする際は、"クラウド"、つまり、インターネット上でのデータの保管庫が不可欠です。
"クラウド"があれば、世界中どこでもいつでもデータを取り出すことができます。
つまり、職場と同じような環境で、仕事が可能となるのです。
アマゾン傘下の"AWS"(アマゾン・ウェブ・サービス)は、このクラウドサービスで世界シェアトップです。
日本企業にとって衝撃的だったのは、政府もアマゾンを採用したことでした。

日本政府は2020年10月から各省庁で共通している人事や給与、文書管理などの基盤システムを、AWSのクラウドに切り替えました。
国内メーカーを採用する案もありましたが、セキュリティー対策も含め、優れていることから、AWSとなりました。

 

コロナ危機で、デジタル化が一気に加速する中、アマゾンはさらに巨大化しているのです。

 

前回のニュース検定

 

本日の出題

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事