ニュース検定,池上彰
スポンサーリンク

[米大統領選がわかる③] スイングステードの代表例は?
「グッド!モーニング」 ニュース検定 -池上彰-

 

朝の情報番組「グッド!モーニング」で出題される「ニュース検定」の解答ををリアルタイムにて速報しています。
どなたでも参加でき、ポイントを貯めてプレゼントに応募できます。

 

スポンサーリンク

池上彰 ニュース検定

 

ニュース検定 今日の問題

スイングステードの代表例は?

 

【選択枝】
 カリフォルニア州
 テキサス州
 フロリダ州
スポンサーリンク

本日の解答

 フロリダ州

 

「ニュース検定」出題から解答までリアルタイムで解答速報を発信しています。
いち早く解答を確認するために、ぜひ当サイトをお気に入りやブックマーク登録をお勧めいたします。

 

スポンサーリンク

池上彰さんの解説

今日のキーワード
米大統領選がわかる③【スイングステート】

共和党民主党の勢力分布図

アメリカ大統領選挙を伝えるニュースでよく出てくるのが、共和党民主党の勢力分布図です。
伝統的に共和党の勢力が強い州が赤で描かれて"レッドステート"と呼ばれています。
テキサス州やカンザス州など、内陸部や南部などに数多くあります。
一方、民主党は青で描かれ、民主党の牙城で"ブルーステート"と呼ばれています。
西海岸のカリフォルニア州や東海岸のニューヨーク州などが該当します。
赤は共和党、青は民主党のシンボルカラーでもあります。

赤でも青でもない州もあり、ここが重要なのです。

 

民主党か共和党どちらが勝利するかわからない激戦州

色がついていない州は"スイングステート"と言って、直訳すれば、"揺れる州"となります。
つまり、民主党か共和党、どちらが勝利するかわからない激戦州のことです。
スイングステートの数は時代によって変化しますが、今は10州ほどあります。

大統領選の勝敗は、このスイングステートの動向で決まります。
例えば、前回の大統領選では、中西部のミシガン州とウィスコンシン州、そして東部のペンシルベニア州などで、トランプ氏が僅差で勝利したことが、結果的に当選に繋がりました。
その"スイングステート"の中でも最も注目されているのが、ディズニーワールドがあるフロリダ州です。
選挙人が全米で3番目に多い大票田で、いつも接戦となることで知られています。
4年前は、トランプ氏が1.2ポイント差で勝利しました。
オバマ氏が勝利した2008年も12年も、わずかな差でした。
"スイングステート"の動向に、今回も世界の心が揺れそうです。

 

前回のニュース検定

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事